軽量移動型デジタルX線撮影装置 CALNEO AQRO

富士フイルムメディカル

X線移動型撮影装置 デジタル(FPD)

AQROから始まる,もっと“自由”な回診撮影

軽量移動型デジタルX線撮影装置 CALNEO AQRO
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

三位一体のシステムで,モバイル撮影の効率化を促進。
カセッテDRメーカーとして長年磨いてきた,少ない線量でも鮮明な画像を得られる「高感度システム」のノウハウを最大限に活用。富士フイルムの画像処理技術を結集することで,軽量コンパクトな撮影装置でも見やすい画像をスムーズに描出することができます。

メーカーページへ

特長<1>
あらゆる撮影シーンで,軽快なハンドリングを提供
一般的なDR回診車(※一般的な移動型デジタルX線撮影装置の重量を400kgから600kgとした。)と比較して,総重量は約80%減の約90kgを達成。外寸に関しても大幅なサイズダウンを実現。これにより病棟内やベッドサイドにおいてスムーズな移動が可能。

 

特長<2>
高画質・低線量を両立させる新しいテクノロジー
柱状結晶のCsIシンチレータ(※Cシリーズの場合)と「ISS方式」の組み合わせにより光の拡散とエネルギー減衰を抑制し,低線量かつ高画質な画像を実現するCALNEO Smartシリーズに対応。さらに,散乱線により低下した画像のコントラストを高めるVirtual Gridも搭載。

 

特長<3>
ワンタイムを短くする高性能バッテリー
20ショット/時で最長12時間の使用が可能。4時間でフル充電,15分で1時間分(20ショット相当)の充電が行え,4年使用でも50%の性能を持続するリチウムイオン電池を内蔵。

 

特長<4>
自在に動かせる操作パネル
シーンに応じて,画面を見ながらでも回転・チルト・高さを自由に調節可能。

 

特長<5>
「Hydro Ag」で主要部分をコーティング
撮影者が特に頻繁に触れる操作パネルとハンドスイッチについては,従来の銀系コートに比べて約100倍(※製品の特性上,その効果を将来的に常に保証するものではありません。)の抗菌性能を発揮するコート技術「Hydro Ag」でコーティング。高い抗菌性能により最近の増殖を防ぎ,効果も長期持続。超親水バインダーで,汚れも落ちやすく清潔で衛生的に使用可能。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
富士フイルムメディカル株式会社
東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
TEL 03-6419-8033(代)
http://fms.fujifilm.co.jp
担当部署:マーケティング部


TOP