RSNA2007スペシャル

 

RSNA 2007 Awards
社会保険山梨病院放射線科の曹博信先生がMagna Cum Laudeを受賞
Diagnostic Imaging
Diagnostic Imaging誌のRSNA速報はこちら

     
 

新製品,最先端技術をPhoto Report !!

第93回北米放射線学会(RSNA2007)が2007年11月25日(日)に,シカゴのマコーミックプレイスで開幕しました。

11月30日(木)までの6日間,約6万人の参加が予想されています。今回のテーマは,“Connecting Radiology”。
R. Gilbert Jost M.D.が大会長を務めます。

インナービジョンwebサイトでは,臨床,そして技術の最前線の報告が行われ,今後の放射線医療の方向を探る場となるRSNAの最新トピックスを紹介。モダリティメーカーの新製品,最先端技術が発表されるTechnical Exhibitionを中心に,豊富な写真による臨場感あるリポートをお届けします。


11/25
プレジデントアドレス,オープニングセッション
東芝メディカルシステムズ
320列検出器搭載のAquilion ONEが登場
ナナオ
電子カルテシステム向けEIZO FlexScan MX-Series
インフィニットテクノロジー
高速な3D画像処理が可能なPACS
   
  11/26
シーメンス旭メディテック
ロボットの多軸駆動に着想を得て開発された多軸血管撮影装置など,新製品ラッシュ
日立メディコ
超電導磁石型オープンMRIのOASISが登場
島津製作所
safireシリーズのラインナップが充実,アプリケーションを強化
テラリコン
カスタマイズ可能なAquarius iNtuition Client
コニカミノルタヘルスケア
日本で好評なREGIUS Uniteaを出展

11/27
フィリップスエレクトロニクスジャパン
世界最速,0.27秒スキャンを実現したBrilliance iCT
ケアストリームヘルス
CR,ドライイメージャから分子イメージングまでカバー
キヤノンメディカルシステムズ
FPDへのアップグレード装置が米国で好調
東陽テクニカ
マルチモダリティ対応のカラーモニタを強化
東京特殊電線
世界初の15Mマンモグラフィ専用モニタを出品
  11/28
東芝メディカルシステムズ
ビッグボアタイプの1.5T装置Vantage TITANを発表
富士フイルムメディカル
自動認識技術を生かした高性能3Dワークステーションの開発をめざす
GE Healthcare
高分解能CTのコンセプトモデルを参考出品



RSNA取材班ブログ

▲ページトップへ