Fujitsu IoT Solution ユビキタスウェア/富士通
バッジ型,カード型,リストバンド型 用途:業務効率化,見守り

2015-8-14

富士通

見守り


図1 院内サービス高度化を実現するロケーションバッジ

図1 院内サービス高度化を実現する
ロケーションバッジ

“人”を中心としたセンシングで院内サービス高度化や見守りを実現するIoTパッケージ

ロケーションバッジ(バッジ型)*1,ロケーションタグ(カード型)*1は,院内サービスの高度化や業務の効率化を実現するウエアラブルデバイスです。独自アルゴリズムによる移動経路推定技術(PDR)を搭載し,高精度かつ低コストな屋内測位や,動線把握による人や物の滞りの見える化が可能です。ロケーションバッジを病院内のスタッフ・患者様が装着することにより,位置を高精度かつリアルタイムに把握,ナースコールへの応答の迅速化や人員配置の最適化を実現できます(図1)。また,ロケーションタグを医療機器に装着することにより滞留の防止,数量の最適化が行えます。

バイタルセンシングバンド(リストバンド型)*1は,人の状態・状況や周囲の環境をセンシング,分析したデータを基に,熱中症への配慮や転倒事故発生時の迅速対応などの“見守り”を実現するウエアラブルデバイスです。装着者のパルス数・活動量・温湿度から熱ストレスを推定し,熱中症などの危険回避に役立てることができます。また,加速度・気圧を組み合わせた“姿勢特定”アルゴリズムにより,転倒や伏せるなどの姿勢の変化をとらえることが可能です。

これらのデバイスは,データを活用するミドルウエアとのパッケージで提供されるためシステム構築が容易であり,最小限の開発でスピーディに導入が可能です。

*1 いずれも2015年12月提供開始予定。

 

●問い合わせ先
ユビキタスウェアサポート窓口
TEL 050-3116-7791
(受付時間:平日9時〜17時)
URL http://www.fmworld.net/biz/uware/

富士通

見守り


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
(ITvision No. 32 / 2015年7月号)
ウエアラブルデバイス展(ウエアラブル製品のバーチャル展示会)
    TOP