RSNA2017 東芝メディカルシステムズ - テーマ 
“Together, we make it possible”をテーマにCanonグループとしての総合力を改めてアピール

2017-11-30

RSNA2017テーマ

東芝メディカルシステムズ


Toshiba Medical, A Canon Groupブース

Toshiba Medical, A Canon Groupブース

RSNA 2017[2日目:11月27日]

Toshiba Medical, A Canon Group(東芝メディカルシステムズ)は,North Hallに出展した。同社は2018年1月4日にキヤノンメディカルシステムズへと社名変更することが発表されており,現社名では最後のRSNAの出展となる。今回のRSNA 2017では,東芝メディカルシステムズを中心にVITAL Images(バイタル)とCanon USA(キヤノン)が一体的にブースを構成した。統一的なデザインで,Canon Groupとしての総合力をアピールする形となった。
テーマとして掲げられたのが,“Together, we make it possible”。キヤノンのCMなどのキャッチフレーズとしてよく知られた“make it possible”をベースに,グループとしてヘルスケア領域で共に進むという姿勢を示したもので,このフレーズは今後,ワールドワイドのキーコンセプトとして展開されていくとのことだ。

Canon Groupとしての方向性を示す“Together, we make it possible”をアピール

Canon Groupとしての方向性を示す“Together, we make it possible”をアピール

 

新製品として,CTでは超高精細CT「Aquilion Precision」(FDA申請中),新世代80列CT「Aquilion Prime SP」,MRIでは3Tの「Saturn X Gradient」を搭載した「Vantage Galan 3T」(日本国内薬機法未承認,FDA申請中),超音波の「Aplio i600」を展示し,初日にはアンベールイベントを行った。MRIをのぞくCTと超音波は日本国内ではすでに発売済みだが,昨年のRSNA2016に続きワールドワイドで新製品を一気に発表することで,Canon Groupとなっても強力な製品開発と販売展開を継続していくことを強く印象づけた。また,ヘルスケアITではバイタル社のVitreaを核にしたVision,Connection,Intelligenceのモジュールによる製品展開を紹介した。Vitrea Intelligenceのクリニカル向けの技術は,今回,展示会場内に設けられたMachine LearningコーナーにToshiba Machine Learning Kioskとして出展している。

超高精細CT「Aquilion Precision」をRSNAで初めて出展

超高精細CT「Aquilion Precision」をRSNAで初めて出展

 

3T MRIの「Saturn X Gradient」を搭載した「Vantage Galan 3T」(日本国内薬機法未承認,FDA申請中)

3T MRIの「Saturn X Gradient」を搭載した「Vantage Galan 3T」(日本国内薬機法未承認,FDA申請中)

 

320列のAquilion ONE/ViSION Editionを組み合わせたAngio-CTを展示

320列のAquilion ONE/ViSION Editionを組み合わせたAngio-CTを展示

RSNA2017テーマ

東芝メディカルシステムズ


TOP