RSNA2016 東芝メディカルシステムズ - US
すべて一新したプレミアムクラスの超音波診断装置「Aplio i-series」を発表

2016-11-29

東芝メディカルシステムズ

超音波


プレミアムハイエンド超音波として大きく紹介された「Aplio i-series」

プレミアムハイエンド超音波として
大きく紹介された「Aplio i-series」

Toshiba America Medical Systems(東芝メディカルシステムズ)の超音波診断装置では,ハードウエア,ソフトウエアを一新したプレミアム装置である「Aplio i-series」を米国でも初出展し,RSNA2016のアンベールイベントの1つとして大きくフィーチャーした。

Aplio i-seriesでは,多くの新技術が搭載されているが,その一つが超音波の画質を決定するビーム送受信の部分に採用された“iBeam Forming”である。iBeam Formingでは,ビームを細く鋭くするために,送信の際に新高精度パルサできれいな波形を出すMulti-Sync Pulser,受信の際に多くの信号を得るMulti-Beam Receiverにより高画質化を図っている。

専用プローブ(iDMSプローブ)では,走査面方向だけでなく奥行方向(スライス厚)のビームを精密に制御する“iBeam Slicing”によって,さらに高画質な画像の取得を可能にしている。また,超広帯域な周波数帯域を実現し,分解能と深部感度が向上しており,1本のプローブで体表から深部領域までカバーできる。そのほか,薄さ9mmで狭い肋間からの走査を可能にした超薄型コンベックスプローブ,24MHzの超高周波リニアプローブなどをそろえた。

ソフトウエア,アプリケーションについては,“Smart Fusion” “SWE MAD” “Smart 3D/Shadow Glass” “SMI(Superb Micro-vascular Imaging)”などを紹介した。Smart Fusionは,超音波画像とCT/MR画像を同期して参照しながら検査することでスムーズな手技をサポートする機能。Aplio i-seriesでは4分割のクワッド表示が可能で,Fusion画像のほかさまざまな画像を一画面で確認できる。また,腹部だけでなく心臓のFusionにも対応する。SWE MAD(Measurement Area Detection)は,Shear wave elastography(SWE)でのびまん性肝疾患の計測の際に,ROIを自動で区分けし,SD値の算出に使用された領域を表示することができる。Smart 3Dは,プローブに取り付けたFusion sensorを使って3D volume画像を容易に取得できる機能である。さらに,SMIは低流速の血流イメージを画像化する技術だが,Aplio i-seriesの高画質技術によってさらに詳細な情報が得られることをアピールした。

Aplio i-seriesでは,操作性やユーザーインターフェイスも一新されており,タッチパネルのスワイプによる画面送りやソフトウエアキーボードなどが搭載されたほか,ハードウエアキーが使用モードに合わせて自動的に最適な機能が割り付けられる自動スイッチ切り替え機能を搭載して,ボタンの数を減らし直感的な操作が可能になったことを紹介した。さらに,自動でゲインコントロールを行うQuick Scanが,タッチしたあとのすべてのフレームを解析し,常に走査領域の明るさを均一にするReal time Quick Scanへと進化したほか,血管系でもワンボタンで最適な表示を可能にするColor Q.Scan&PW Q.Scanなど,検査をサポートする機能が搭載された。そのほか,タブレット型端末によるセカンドコンソールの利用や,電源オフからの立ち上げ時間で30秒,スタンバイからは15秒で使用可能になるなど,検査の快適性が追究されている。

Aplio i-seriesは,700,800,900の3つのラインナップがある。700は従来のAplio500と同じプローブを使用してiBeam Forming技術で高分解能を実現しており,800と900ではiDMSプローブが使用できる。さらに,900では3D超音波(循環器領域の経食道,経胸壁)が可能になっている。

プローブを含めたハードウエアからソフトウエアまでを一新してさらに高精細な画像を提供

プローブを含めたハードウエアからソフトウエアまでを
一新してさらに高精細な画像を提供

 

Aplio i-seriesの高画質によってSMIもさらに進化

Aplio i-seriesの高画質によってSMIもさらに進化

インターフェイスを含めて操作性もさまざまに工夫

インターフェイスを含めて操作性もさまざまに工夫

東芝メディカルシステムズ

超音波


TOP