RSNA2016 シーメンス - US 
肝臓領域におけるエラストグラフィや造影超音波,フュージョン機能の有用性をハンズオンなどでPR

2016-11-29

シーメンスヘルスケア

超音波


腹部・表在領域のハイエンド装置「ACUSON S3000 HELX Evolution」

腹部・表在領域のハイエンド装置
「ACUSON S3000 HELX Evolution」

Siemens Healthineers(シーメンス)の超音波診断装置に関しては,“Delivering Personalized Liver Ultrasound”と題して,肝臓領域において,個々の患者の疾患の状態に応じ最適な診断・治療を提供するための,アプリケーションが紹介された。また,ブース内には,ハンズオンのコーナーが設けられ,来場者が手技を体験できるようにしている。

RSNA2016では,“Quantification” “Morphology” “Intervention”というキーワードごとにアプリケーションが紹介された。Quantificationは,エラストグラフィの“Virtual Touch IQ”がPRされた。Virtual Touch IQは,剪断波を測定してカラーコード化し,画像として描出する。モニタ上で関心のあるポイントへカーソルを動かすと,剪断波の速度を数値で表示する。また,Morphologyは,造影超音波のアプリケーション“Contrast Pulse Sequencing (CPS)”が紹介された。CPSは,位相変調法と振幅変調法により高分解能かつ高感度という特長を持ち,高い染影効果を得ることできる広帯域低音圧エコー機能である。高音圧エコー機能であるCHIとともに,患者の状態により使い分けることができる。Interventionとしては,CT・MRIの画像とのフュージョン機能である“eSie Fusion Imaging”が紹介された。自動的に位置合わせを行い,正確な穿刺などを支援する。

これらのアプリケーションを搭載した装置として,ハンズオンに使用されたのが「ACUSON S3000 HELX Evolution」である。ACUSONシリーズのハイエンド装置に位置づけられ,高画質,高機能を特長としている。また,3台の装置で行われたハンズオンのうちの1台には,「ACUSON NX3 Elite」が使用された。21.5型の大型モニタやタッチパネルの採用など操作性に優れており,エラストグラフィ機能の“eSieTouch Elasticity Imaging”を搭載している。

このほか,新製品として,ケーブルレス装置の「ACUSON Freestyle Elite」(日本国内薬機法未承認)が登場した。従来のACUSON Freestyleのハイブリッド手術室対応を進めた製品で,血管撮影装置の大型モニタの裏側に装置本体を取り付けることができ,術者の移動を妨げずに使用できる。また,自動走査を行う「ACUSON S2000 ABVS HELX Evolution」が,専用ワークステーションとともに展示された。専用ワークステーションの「syngo.Ultrasound Breast Analysis」は,読影の負担を軽減する機能として,3方向で撮像したデータを1画面上で表示させ,同期させながら観察できるようになったほか,過去画像との比較も行える。MRIやマンモグラフィの2D,トモシンセシス画像も表示できる。

タッチパネル採用で操作しやすい「ACUSON NX3 Elite」

タッチパネル採用で操作しやすい
「ACUSON NX3 Elite」

 

自動乳腺超音波診断装置「ACUSON S2000 ABVS」

自動ブレストボリュームスキャナ
「ACUSON S2000 ABVS HELX Evolution」

ハイブリッド手術室にも対応する「ACUSON Freestyle Elite」(日本国内薬機法未承認)

ハイブリッド手術室にも対応する
「ACUSON Freestyle Elite」
(日本国内薬機法未承認)

 

ハンズオンでエラストグラフィ“Virtual Touch IQ”とフュージョン機能“eSie Fusion Imaging”を体験可能

ハンズオンでエラストグラフィ“Virtual Touch IQ”とフュージョン機能“eSie Fusion Imaging”を体験可能

シーメンスヘルスケア

超音波


TOP