ITEM2018 根本杏林堂 取材速報 
アンギオ用インジェクタの新製品「PRESS DUO elite」のほか,CEエビデンスシステムの新機能などをアピール


2018-4-13


根本杏林堂ブース

根本杏林堂ブース

根本杏林堂は,「医療安全の向上」と「造影効果による術前支援」をテーマに掲げ,アンギオ用造影剤自動注入装置の新製品「PRESS DUO elite」(薬機法承認済み,発売時期未定)を中心に展示した。また,造影検査情報管理システム「CEエビデンスシステム」の新機能として,“指示薬連携機能”が紹介された。

PRESS DUO eliteは,デュアルタイプのアンギオ用造影剤自動注入装置「PRESS DUO」の後継機種。デザインは従来製品を踏襲しているが,以前よりもコンパクトかつ軽量化が図られ,注入装置のヘッド部のモニタに造影剤や生理食塩水の残量が表示できるようになった。最大の特長として,支柱にスイングアームが採用され,これにより注入器を自由な角度で自由な位置に移動させることが可能となった。使用時には術者の手元にセットできるほか,使わないときは邪魔にならないよう,注入器を上向きにしておくこともできる。

CT用造影剤自動注入器「DUAL SHOT GX7」では,今回,2つのソフトウエアが中心に紹介された。“LDIモード”は造影剤の希釈プロトコールで,低管電圧撮影やdual energy撮影に対応する造影剤濃度を自動で設定することができる。また,CEエビデンスシステムに搭載された指示薬連携機能では,ICタグを用いることで,指示薬ではない造影剤をインジェクタにセットするとモニタにアラートが表示されるようになった。

このほか,ソナゾイド専用注入装置「Sonazoid Shot」や,MRI用注入装置に対応したエクステンションチューブ「SPIRAL FLOW TUBE」などが紹介された。

アンギオ用造影剤自動注入装置の新製品「PRESS DUO elite」

アンギオ用造影剤自動注入装置の新製品「PRESS DUO elite」

 

CT用造影剤自動注入装置「DUAL SHOT GX7」

CT用造影剤自動注入装置「DUAL SHOT GX7」

 

LDIモードの設定画面

LDIモードの設定画面

 

指示薬連携機能で表示されたアラート

指示薬連携機能で表示されたアラート

 

●お問い合わせ先
社名:株式会社 根本杏林堂
住所:東京都文京区本郷2-27-20 本郷センタービル3F
TEL:03-3818-3541
URL:https://www.nemoto-do.co.jp/


ITEM2018(ITEM in JRC 2018 国際医用画像総合展)
TOP