ITEM2017 トーレック 取材速報 
X線測定器「RaySafe X2」,皮膚線量計「RD-1000」を中心に,X線発生装置の精度管理と医療被ばく管理のための製品などを出展


2017-4-16


トーレックブース

トーレックブース

医用X線測定器や線量計など,医療におけるX線の適正使用に貢献する製品を豊富にそろえるトーレックは今回,ブースをX線診断機器の精度管理と被ばく管理の大きくのコーナーに2つに分け,安全・安心で被検者の負担の少ない医療に貢献するための提案を行った。

医用X線測定器は,半導体式インテリジェントX線測定器「RaySafe X2」とマルチファンクションX線測定器「ThinX RAD」が展示された。RaySafe X2は,一般撮影装置,マンモグラフィ,CTのフルモダリティに対応しており,半導体を用いることで高い測定精度を有している。また,ポケットサイズのThinX RADは,線量測定が手軽に可能であり,日常の精度管理に貢献する。

被ばく管理のコーナーでは,前回のITEM2016で新製品として紹介されたリアルタイム皮膚線量計「RD-1000」が中心に展示された。RD-1000は,4つのセンサを直接患者の皮膚に貼り付け,カテーテル検査中などの皮膚線量をリアルタイムに測定する。得られたデータはPCに保存し,線量管理に役立てることもできる。

このほか,マンモトーム生検で採取した組織をその場でX線撮影して画像表示し,石灰化の有無を判断可能なX線乳房組織画像表示装置「MB-1024DR」や,MRI検査前に磁性体を検出して吸着事故の防止に貢献する「フェロガード」などが展示された。

半導体式インテリジェントX線測定器「RaySafe X2」(右)とマルチファンクションX線測定器「ThinX RAD」(左)

半導体式インテリジェントX線測定器
「RaySafe X2」(右)と
マルチファンクションX線測定器
「ThinX RAD」(左)

 

X線乳房組織画像表示装置「MB-1024DR」

X線乳房組織画像表示装置「MB-1024DR」

リアルタイム皮膚線量計「RD-1000」

リアルタイム皮膚線量計「RD-1000」

 

●お問い合わせ先
トーレック株式会社
住所:神奈川県横浜市港北区綱島東5-6-20
TEL:045-531-8041
URL:http://www.toreck.co.jp/


ITEM2017(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展)
TOP