ITEM2017 ホロジックジャパン 取材速報 
トモシンセシス撮影が可能な腹臥位式のFPD搭載乳腺バイオプシーシステム「Affirm Prone Biopsy System」を国内初展示


2017-4-16


ホロジックジャパンブース

ホロジックジャパンブース

ホロジックジャパンは,日本での販売を始める新製品の腹臥位式乳腺バイオプシー専用システム「Affirm Prone Biopsy System」を国内初展示した。デジタル式乳房X線撮影装置「Selenia Dimensions」で使用している画素サイズ70μmのFPDを搭載し,マンモグラフィと同等の画質,描出能を有している。ステレオガイド下に加え,トモシンセシス(3D)ガイド下のバイオプシーが可能で,ワンクリックターゲティングにより効率よく検査を施行できる。トモシンセシス撮影は15°の範囲を30回照射して画像を収集することで,より高精細な画像取得が可能。また,穿刺は症例に合わせてバーティカル(縦),ラテラル(横)の両方向で行うことができる。

Selenia Dimensionsは,日本向けにウォールステッカーによるデコレーションの提案が可能になったことが紹介された。また,専用のバイオプシーガイドシステム「Affirm」のオプション機能として「ラテラルアーム」が追加された。バーティカル穿刺では針が突き抜けてしまうような小さな乳房でも,横からの穿刺により組織を採取しやすい。7月から提供を開始予定で,アップグレードにも対応する。

このほか,コンピュータ診断支援装置「Cenova」のソフトウェアとして,2D画像上で石灰化と腫瘤の場所を表示する“ImageChecker 9.3”や,乳腺密度を計測する乳腺濃度ソフトウェア“Quantra”などを来場者にアピールした。

腹臥位式乳腺バイオプシー専用システム「Affirm Prone Biopsy System」

腹臥位式乳腺バイオプシー専用システム
「Affirm Prone Biopsy System」

コンソールモニタは視認しやすいイラストで表示

コンソールモニタは視認しやすいイラストで表示

   
デコレーション提案をした「Selenia Dimensions」

デコレーション提案をした「Selenia Dimensions」

「ラテラルアーム」機能が追加された「Affirm」

「ラテラルアーム」機能が追加された「Affirm」

 

石灰化や腫瘤の場所を自動表示する“ImageChecker 9.3”

石灰化や腫瘤の場所を自動表示する
“ImageChecker 9.3”

 

●お問い合わせ先
ホロジックジャパン株式会社
住所:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-25
TEL:03-5804-2386
URL:http://hologic.co.jp/


ITEM2017(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展)
TOP