ITEM2017 ケアストリームヘルス 取材速報 
VNAやクラウドPACSなどヘルスケアITソリューションでのアドバンテージをアピール


2017-4-16


ケアストリームヘルスブース

ケアストリームヘルスブース

ケアストリームヘルスは,“The power of together.”をコンセプトにヘルスケアITのソリューションを展示した。ケアストリームヘルスは,コダックから現社名となって10周年となる。2016年からは,日本ではクラウドやVNAなどの技術で強みを持つヘルスケアITソリューションに特化して事業を展開している。

今年の展示では,ヘルスケアITソリューションの各製品と,病院の外来などで患者の画像情報をUSBメモリなどに書き込み,患者が自分で取得できるキオスク端末(My Vue Center Self-Service Kiosk)を紹介した。ヘルスケアITでは,PACSやVNAの機能を総称した「Vue archive」,読影ビューワの「Vue PACS Client」,レポートシステムの「Vue Reporting」,Webベースのゼロフットビューワ「Vue Motion」,クラウドサービスの「Vue Cloud Service」,日本向けに開発された「RIS-J」,紹介画像オンライン共有サービスの「My Vue Patient Portal」などを端末やデモンストレーションで紹介した。My Vue Patient Portalは,メールアドレスによるユーザー管理を行い画像データの参照を患者自身がインターネットを利用して行えるシステム。患者自身が画像のアクセス権限をコントロールでき,他の医師に画像のリンクを送ってセカンドオピニオンを得るというような運用も可能になる。

また,キオスク端末は病院の外来などに設置を想定するもので,患者自身が自分の画像データをUSBメモリに書き込んで取得できる端末。画像の選択などはタッチパネルで行え,クレジットカードによる決済機能も搭載されている。日本ではこれからの展開になるが,中国ではすでに2000台が導入されているとのことだ。

3Dデータの解析・表示にも対応するPACS読影ビューワ「Vue PACS Client」

3Dデータの解析・表示にも対応する
PACS読影ビューワ「Vue PACS Client」

Webベースのゼロフットビューワ「Vue Motion」

Webベースのゼロフットビューワ「Vue Motion」

   
紹介画像オンライン共有サービスの「My Vue Patient Portal」

紹介画像オンライン共有サービスの
「My Vue Patient Portal」

VNAの技術を生かし複数施設のPACSを連携して統合管理を可能にする「Vue Connect」

VNAの技術を生かし複数施設のPACSを連携して
統合管理を可能にする「Vue Connect」

   
医療安全や業務の効率化を支援する機能を強化した「RIS-J」

医療安全や業務の効率化を支援する機能を強化した「RIS-J」

患者自身が画像データを入手できるキオスク端末「My Vue Center Self-Service Kiosk」を展示

患者自身が画像データを入手できるキオスク端末
「My Vue Center Self-Service Kiosk」を展示

 

●お問い合わせ先
ケアストリームヘルス株式会社
住所:〒135-0041 東京都江東区冬木11-17イシマビル
TEL:03-5646-2500
URL:http://www.carestream.jp


ITEM2017(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展)
TOP