ITEM2017 アドバンスト・メディア 取材速報 
新しいモバイルサービス「AmiVoice CLx Mobile」を中心に,「AmiVoice」シリーズの新機能を紹介


2017-4-15


アドバンスト・メディアブース

アドバンスト・メディアブース

「昨日のありえないを,明日のあたりまえに。」をコンセプトにしたアドバンスト・メディアでは,クラウド型音声入力サービス「AmiVoice CLx」のモバイルサービス「AmiVoice CLx Mobile」を中心に,「AmiVoice」シリーズの新機能の展示が行われた。

AmiVoiceは,各診療科に最適化された音声入力辞書を搭載しており,話した言葉を正確に文章化して入力できる,医療向けの音声入力装置。ITEMをはじめとした展示会や導入施設で挙げられたニーズを反映し,機能拡張を続けている製品で,今回新しく展示されたAmiVoice CLx Mobileは,スマートフォンを使用することで,院内・院外を問わず,音声入力を行うことができる。

また,「AmiVoice CLx」では実装済みであった“穴埋めテンプレート”機能や,音響学習を行っていない状況でも精度の高い音声認識が可能な「DNN型音声認識エンジン」が「AmiVoice Ex7」に搭載された。

さらに,開発中であるカーソルの移動や画像移動を音声コマンドで行う機能についての参考出展も行われたほか,ブースの一角にPSP株式会社の“EV insite R”と連携し,拡大・縮小やツールバーの表示などが音声入力で行える機能を体験できるコーナーを設けていた。

「AmiVoice CLx Mobile」。iOSでの入力は,マイクとほぼ遜色なく行うことができる。

「AmiVoice CLx Mobile」。iOSでの入力は,マイクとほぼ遜色なく行うことができる。

iOSで入力後,BLE*専用ドングル経由でオフラインの「AmiVoice CLx」がインストールされた端末に転送することができる。 * BLE(Bluetooth Low Energy)

iOSで入力後,BLE*専用ドングル経由でオフラインの「AmiVoice CLx」がインストールされた端末に転送することができる。
* BLE(Bluetooth Low Energy)

   
“穴埋めテンプレート”機能

“穴埋めテンプレート”機能

AmiVoiceと連携した“EV Insite R”を試すことができるコーナー

AmiVoiceと連携した“EV Insite R”を試すことができるコーナー

 

●お問い合わせ先
株式会社アドバンスト・メディア
住所:東京都東池袋3-1-4サンシャインシティ文化会館6階
TEL:03-5958-1045
URL:http://medical.amivoice.com/


ITEM2017(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展)
TOP