ITEM2016 アンフォースレイセイフ 取材速報
第5世代X線装置用測定器「RaySafe X2」,リアルタイム被ばく測定システム「RaySafe i2」などを展示


2016-4-16


アンフォースレイセイフブース

アンフォースレイセイフブース

アンフォースレイセイフは,第4世代診断用X線測定器「RaySafe Xi」「RaySafe SOLO」,第5世代の「RaySafe X2」,被ばく状況をリアルタイムに表示・記録する「RaySafe i2」を中心に,用途に合わせたX線測定器製品群を展示した。

同社の第5世代X線装置用測定器となる「RaySafe X2」は,タッチスクリーンのインターフェイスを採用し,各種センサー(一般撮影・透視装置用R/Fセンサー,マンモ装置用MAMセンサー,CTセンサー,サーベイセンサー,ライトセンサー)への1回の照射で,必要な情報すべてを完全自動で得られる。

「RaySafe i2」は,IVRの現場で発生する散乱線による医療スタッフの被ばく線量を小型軽量の個人線量計で測定し,ワイヤレスでリアルタイムに送信し可視化するシステム。個人線量計とリアルタイムディスプレイ,被ばく線量ビューワソフトウエア,被ばく線量マネージャーソフトウエアで構成されている。

 

診断用X線測定器製品群

診断用X線測定器製品群

診断用X線測定器「RaySafe X2」

診断用X線測定器「RaySafe X2」

   
RaySafe X2のライトセンサー

RaySafe X2のライトセンサー

リアルタイム被ばく測定システム「RaySafe i2」

リアルタイム被ばく測定システム「RaySafe i2」

 

●お問い合わせ先
アンフォースレイセイフ株式会社
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-2-225
TEL:045-620-5581
URL:www.raysafe.com


ITEM2016(ITEM in JRC 2016 国際医用画像総合展)
TOP