ITEM2016 ネットカムシステムズ ブースレポート
スピードと直感的な総裁性でマルチモダリティの乳腺画像診断を支援するワークステーション「mammodite」をPR


2016-5-2


ネットカムシステムズブース

ネットカムシステムズブース

ネットカムシステムズは,乳腺領域の画像診断に特化しスムーズなワークフローを実現する画像診断ワークステーション「mammodite(マンモディーテ)」を展示した。mammoditeは,高速表示と臨床現場の使用環境を考慮したユーザーインターフェイス,高い操作性などが特長だが,今年は実際の読影室に近い環境を再現した個別ブースを構築し,mammoditeならではの使い勝手を実感できるような展示となった。個別ブースでは各社のマンモグラフィ用高精細モノクロモニタやカラーモニタなどをそろえ,より具体的な使い勝手が体験できるようにした。直感的なアイコンデザインや機能を割り付けられるオリジナルテンキーなどによって,キーボードやマウス操作による手首の移動,レポート作成時の視線の移動など,無駄な動作や操作を省いた読影環境を提供し,他社のビューワにはないスピーディな読影環境の構築が可能になることを紹介した。(4月15日取材)

マンモグラフィの読影環境を個別ブースで体感

マンモグラフィの読影環境を個別ブースで体感

mammoditeのコンセプト

mammoditeのコンセプト

 

●乳腺に特化した画像診断ワークステーション「mammodite」

mammoditeは,日本人女性特有の高濃度乳腺における乳がんの早期発見・早期治療に貢献すべく乳腺の画像診断に特化したワークステーションである。徹底的なユーザー目線での開発をモットーに100%自社開発で国内のみでの販売だが,すでに150を超える施設に導入されている。
mammoditeは,独自開発の画像処理エンジン「APROS」によって,通常の2Dマンモグラフィ画像の高速表示だけでなく,さらに容量が大きいトモシンセシス画像や乳腺超音波画像の表示にも標準対応する。乳腺画像診断のオールインワンのシステムとして,読影・レポート作成・配信の一連作業を高速にシンプル操作で行える。画像ビューワの「mammodite View」は黒を基調としたインターフェイスを採用し,高速画像表示が特長である。乳腺濃度から左右の乳房の位置を自動補正するオートポジショニング機能,長径と短径を計測し数値をレポートに反映できる腫瘤計測機能,所見のマーキングを別方向の画像にも反映させるクロスリファレンス機能などを搭載する。シンプルでわかりやすいアイコンデザインなどの採用で,より直感的でストレスのない操作を実現する。
「mammodite Report」は,技師・医師など複数のスタッフが所見作成できるレポートシステム。検査時に技師が気づいた“ほくろ”など,読影医に伝えたいポイントを書き込んで情報共有できる。また,過去画像との比較やキー画像の貼り付け,シェーマへの反映もシンプルな操作で行える。所見作成では,定型文が自由に設定でき,マンモグラフィのカテゴリ分類なども簡単な操作で入力可能となっている。
「Xrono(クロノ)Server」は,1台で画像とレポートデータの一元管理が行えるサーバ兼クライアント一体型DICOMサーバ。マルチモダリティ対応で,クリニックから大学病院まで対応するスケーラビリティを持つ。また,自動プリフェッチDICOM Q/R機能を標準搭載し,患者IDに基づいてあらかじめ過去画像を転送することで比較読影を容易にする。
mammoditeは,施設ごとの規模や診療体制に応じた柔軟かつ自由度の高いカスタマイズが可能で,読影レポートの院内Web配信,HIS・RIS・検診システムとの連携も容易であり,ブースではiPadなどタブレット端末用の画像参照ビューワも展示した。

乳腺画像診断ワークステーション「mammodite」

乳腺画像診断ワークステーション「mammodite」

各種マンモグラフィ専用モニタでの使い勝手を紹介

各種マンモグラフィ専用モニタでの使い勝手を紹介

   
iPadでの画像参照が可能

iPadでの画像参照が可能

 

 

●オリジナルテンキーで,読影作業のさらなる効率化を実現

オリジナルテンキーは,検診や治療など施設の診療内容に合わせた設定や,読影医の好みのキー配置や機能を自由に設定できる。これによって乳がん検診で多用される「異常なし」の場合の次の検査への移動といったルーチンの操作や,キー画像の貼り付け,コントラストの変更など,高い頻度で使用する操作をワンプッシュで進めることが可能になる。読影やレポート作成における操作をよりスムーズにすることができ,読影画面からレポート作成画面へのマウス移動やクリック数を削減することで,より迅速なワークフローが実現する。さらに,オリジナルテンキーでは,暗い読影室でもストレスなく操作ができるよう,バックライトの色や明るさは読影医に応じた設定が可能で,ボタン内容の見えづらさを解消し,操作遅延を生じさせない。

自由度の高いオリジナルテンキー

自由度の高いオリジナルテンキー

 

 

●メディカルソリューション「PARTHENA」

mammoditeは,ネットカムシステムズのメディカルソリューション「PARTHENA(パルテナ)シリーズ」の第一弾となる。同社では,「情報技術革命で人々を幸せに」を企業理念に,メディカル部門では,進化し続けるハードウエアの技術を最大限に活かせるソフトウエアのアップデートによって,使いやすさの実現をめざす。今後は,乳腺領域だけでなく,他領域のソリューションの開発も進めて発表していく予定という。

 

●お問い合わせ先
株式会社ネットカムシステムズ
住所:〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原5-1-18
   新大阪サンアールセンタービル16F
TEL:06-4866-6431
URL:http://www.netcam.co.jp/


ITEM2016(ITEM in JRC 2016 国際医用画像総合展)

東芝メディカルシステムズ

TOP