ITEM2016 日本電気硝子 取材速報
カバーガラス付き放射線遮蔽用ガラス「LXプレミアム」で安全・安心な検査環境を提案


2016-4-16


日本電気硝子ブース

日本電気硝子ブース

日本電気硝子は,放射線遮蔽用ガラス「LXプレミアム」と「LX防護衝立」,ガンマ線遮蔽用鉛ガラスPro-GRで作られた卓上放射線プロテクターを展示した。

「LXプレミアム」は,放射線遮蔽用鉛ガラス「LX-57B」の両面に安全ガラスフィルムと特殊カバーガラスを貼り合わせた高機能ガラス。
LX-57Bは,医療・工業分野だけでなく原子力産業にも採用されているガラスで,高い遮蔽性能を有する。一般の窓板ガラスとほぼ同等の可視光透過率により,検査室の操作窓等に適している。LXプレミアムでは多層構造にすることで,LX-57Bより高い透明性を実現し,患者の顔色などの変化にいち早く気づくことができる。また,衝撃性にも強く,割れてもガラスが飛散しない。メンテナンス面では,水拭きをはじめ,ガラスクリーナーや洗剤の使用が可能である。多用化する放射線関連施設に対応できるよう,最大寸法は1200mm×2600mm。施設や検査環境に応じて特注サイズも可能である。

LX防護衝立にもLXプレミアムのガラスを採用している。移動式の防護衝立で,高い放射線遮蔽性能に加え,スムーズな移動と転倒しない高い安定性を実現している。衝立の幅やガラスのサイズに応じた4種のタイプと2色のカラーバリエーションがラインナップされている。

RI施設で活用されるガンマ線遮蔽用鉛ガラスPro-GRの卓上型放射線プロテクターは,放射線物質のミルキングや分注作業用として使用される。コンパクト設計で,観察窓部分は作業者に併せて自由に角度調整が行える。

カバーガラス付きで,高い透視性が実現

カバーガラス付きで,高い透視性が実現

LX防護衝立は4タイプあり,オリジナルサイズも可能

LX防護衝立は4タイプあり,オリジナルサイズも可能

   
ガンマ線遮蔽用鉛ガラスの卓上型放射線プロテクター

ガンマ線遮蔽用鉛ガラスの卓上型放射線プロテクター

 

 

●お問い合わせ先
日本電気硝子株式会社
住所:〒532-0003大阪市淀川区宮原2-11-1
TEL:06-6399-2728
URL:http://www.negb.co.jp/product/05/01.html


TOP