ITEM2016 コニカミノルタジャパン 取材速報
AERO DRの長尺撮影タイプや新型PACS,Point-of-Care向け超音波診断装置を柱としたソリューションを紹介


2016-4-16


コニカミノルタジャパンブース

コニカミノルタジャパンブース

コニカミノルタヘルスケアは,2016年4月にコニカミノルタジャパンへと社名が変更された。新会社として初の出展となる今回,展示テーマには,「ミライ,ミセル,コニカミノルタ」を掲げ,ブース内には独自の技術力をベースに現在開発を進めている最先端のソリューションを紹介するコーナーを設けるなど,文字どおり,来場者に未来を見せる展示を行った。そのほかの展示では,主力となるワイヤレスFPDの「AeroDR」シリーズや施設間でのサーバ共有が可能な新型PACS「NEOVISTA I-PACS CX」をはじめとしたヘルスケアIT製品,ラインナップを拡充し続けている超音波診断装置を中心に紹介した。

ワイヤレスFPDのAeroDRは,「AeroDR PREMIUM」の重量がわずか2.6kgと超軽量で,バッテリにリチウムイオンキャパシタを採用しバッテリの劣化がない。今回は,このAeroDRを3枚使用した長尺撮影用システム「AeroDR ONE SHOT STITCHING」を披露した。立位長尺,臥位長尺に対応し,受像部は回転機構を備えており,被検者に負担をかけない体位での撮影を行える。通常は1枚で一般撮影を行い,必要に応じて3枚を組み合わせて長尺撮影を行うといった,効率的かつ経済的な運用が可能である。

まもなく発売を開始する予定のPACSの新製品NEOVISTA I-PACS CXは,中核病院にサーバを設けて,そのサーバにあるデータを連携先施設の端末から参照することが可能。施設ごとにPACSを導入せずにすみ,低コストで運用できる。また,NEOVISTA I-PACS CXのビューワとして,オールインワンコンセプトも紹介された。PACSビューワの基本機能に加え,VR画像などの3D画像再構成やマンモグラフィ用,歯科用などの機能を搭載する。このほか,ヘルスケアIT関連の製品としては,開業医などの画像診断を支援する「iNavi」が参考出品された(参考出品)。診療所向けに提供している「infomity」の新サービスとして提供される予定である。

超音波診断装置では,2015年から展開を取り扱いを開始した「Aixplorer」やPoint-of-Care向けの「SONIMAGE HS1」,整形外科向けの「SNiBLE」などを展示した。

そのほか,今回のブースでは,乳がんの小線源治療用アプリケーター「SAVI」,MRI対応の生体情報モニタ「Expression MR200」などもPRしていた。

ワイヤレスFPDの「AeroDR」

ワイヤレスFPDの「AeroDR」

 

「NEOVISTA I-PACS CX」の検査項目のマトリックス画面

「NEOVISTA I-PACS CX」の
検査項目のマトリックス画面

長尺撮影用システム「AeroDR ONE SHOT STITCHING」

長尺撮影用システム
「AeroDR ONE SHOT STITCHING」

   
VR画像や超音波の動画像などマルチモダリティに対応する「NEOVISTA I-PACS CX」のビューワ

VR画像や超音波の動画像などマルチモダリティに対応する「NEOVISTA I-PACS CX」のビューワ

「infomity」の新サービスとして予定されている「iNavi」(参考出品)

「infomity」の新サービスとして予定されている「iNavi」(参考出品)

   
エラストグラフィが可能な「Aixplorer」

エラストグラフィが可能な「Aixplorer」

コンパクトかつ高画質で操作性に優れる「SONIMAGE HS1」

コンパクトかつ高画質で操作性に優れる
「SONIMAGE HS1」

   
整形外科領域向けの「SNiBLE」

整形外科領域向けの「SNiBLE」

乳がんの小線源治療用アプリケーター「SAVI」

乳がんの小線源治療用アプリケーター「SAVI」

 

MRI対応の生体情報モニタ製品

MRI対応の生体情報モニタ製品

 

●お問い合わせ先
コニカミノルタジャパン株式会社
ヘルスケアカンパニー  
住所:〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビル
TEL:03-6324-1080
URL:http://www.konicaminolta.jp/healthcare/


ITEM2016(ITEM in JRC 2016 国際医用画像総合展)
TOP