ITEM2016 JVCケンウッド 取材速報
ブレストトモシンセシス用モニタとしてFDAから認証を受けた5MPカラーモニタ「CCL550i2」などを展示


2016-4-15


JVCケンウッドブース

JVCケンウッドブース

JVCケンウッドは,TOTOKUが培ってきたモノクロおよび静止画をベースとした医用系モニタ技術と,JVCが得意とするカラーおよび動画技術などの融合により新たな価値を生み出していることを象徴するものとして,「Powerd by JVC」というマークをブース内に掲げ展示を行った。ブースを大きく2つのコーナーに分け,同社の最新技術を紹介した。

「画像診断支援ディスプレイソリューション」のコーナーでは,TOTOKUブランドの5MP,21.3型カラー液晶ディスプレイ「CCL550i2」が展示の中心となった。マルチモダリティ画像表示に対応するマンモグラフィ画像表示用ディスプレイで,モノクロ画像の高精細表示と,最適な輝度および階調でのカラー表示の両立を実現している。これにより,FDAからブレストトモシンセシスとデジタルマンモグラフィ表示用モニタとして認定されたほか,日本乳がん検診精度管理中央機構からもマンモグラフィ診断適合ディスプレイとして認定されたことがアピールされた。

「サージカル支援ソリューション」コーナーでは,参考出品のカメラ/ビデオユニット分離型の4Kカメラシステムと,それに対応する8MPカラーディスプレイが術野ソリューションとして提案された。

また,JVCとTOTOKUの技術の融合として,JVC独自の視線検出技術を生かして経験豊富な読影医の画像診断をデモンストレーションするコーナーが設けられたほか,新たに医用ディスプレイ精度管理クラウドサービス「PM Medivisor Cloud」が紹介された。

JVCとTOTOKUの融合を象徴するPowerd by JVCのマーク

JVCとTOTOKUの融合を象徴する
Powerd by JVCのマーク

 

参考出品された4Kカメラシステムと8MPカラーディスプレイ

参考出品された4Kカメラシステムと
8MPカラーディスプレイ

マルチモダリティ対応のマンモグラフィ画像表示用ディスプレイ「CCL550i2」

マルチモダリティ対応のマンモグラフィ画像表示用
ディスプレイ「CCL550i2」

 

医用ディスプレイ精度管理クラウドサービス「PM Medivisor Cloud」のパネル

医用ディスプレイ精度管理クラウドサービス
「PM Medivisor Cloud」のパネル

 

●お問い合わせ先
株式会社JVCケンウッド
住所:横浜市神奈川区守屋町3-12
TEL:045-450-1890
URL:http://www.jvckenwood.com/


ITEM2016(ITEM in JRC 2016 国際医用画像総合展)
TOP