ITEM2016 ジェイマックシステム 取材速報
クラウドサービスを主体とした、各種ソリューションを4つのセクションで展示


2016-4-15


ジェイマックシステムブース

ジェイマックシステムブース

ジェイマックシステムは,「Get Imagination, Make Innovation. クラウドが拓く医療ICTの未来。」をテーマに,「Imaging Solutions」「IT Solutions」「遠隔読影 Solutions」「Medical eBook & Appli」の4セクションで,同社の特長である総合的なソリューションを展示した。

Imaging Solutionsコーナーでは,「XTREK F.E.S.T.A」のビューワとしても使用されている「XTREK Viewer」の新機能として剛体・非剛体レジストレーションの2つの位置合わせができる機能,“ボリュームレジストレーション機能”が紹介された。また,16日(土)にジェイマックシステム共催のランチョンセミナーとして工藤與亮先生(北海道大学病院)が講演した読影レポート作成トレーニングシステムの展示も合わせて行われた。

IT Solutionsコーナーでは,放射線部門業務支援システム「ACTRIS ver.2」のwebバージョンが,コニカミノルタジャパン(株)のDRコンソール「CS-7」にビルドインされたことが発表された。これにより,RISとFPDのシームレスな連携が可能になり,各種情報を入れ込んだ画像を作成することが可能となった。

Medical eBook & Appliコーナーでは,「LiveStack」と「M2Paper」を紹介。LiveStackでは,業務利用に特化した電子書籍利用を前提に,電子書籍だけでなく,院内ドキュメントの一括管理と検索を可能にしたサービスとなる。また,M2Paperでは,書籍販売を行うサービスで,M2PLUSで使えるポイントの付与など,電子書籍と紙媒体の相互活用を推進していく。

遠隔読影 Solutionsコーナーでは,遠隔読影を推進する「クラウド型遠隔読影支援ASPサービス」を中心に,研究会・勉強会での利用が広がっている「電子抄録サービス」など,eSite Healthcare社の提供するサービスが展示された。

“ボリュームレジストレーション機能”画面。画像をクリックすると比較画像の同部位が自動的に位置あわせされる。

“ボリュームレジストレーション機能”画面。
画像をクリックすると比較画像の同部位が自動的に位置あわせされる。

 

コニカミノルタ社のDRコンソール「CS-7」にビルドインされた「ACTRIS ver.2」。

コニカミノルタ社のDRコンソール「CS-7」に
ビルドインされた「ACTRIS ver.2」。

「LiveStack」。電子書籍だけでなく院内ドキュメントも一元管理できる。

「LiveStack」。電子書籍だけでなく院内ドキュメントも一元管理できる。

   
「クラウド型遠隔読影支援ASPサービス」の読影医側の端末。依頼医の端末も同社が提供する。

「クラウド型遠隔読影支援ASPサービス」の読影医側の端末。依頼医の端末も同社が提供する。

 

 

●お問い合わせ先
株式会社ジェイマックシステム
住所:〒060-0034 札幌市中央区北4条東1丁目2-3 札幌フコク生命ビル10F
TEL:011-221-6262
E-mail sales@j-mac.co.jp
URL:http://www.j-mac.co.jp/

イーサイトヘルスケア株式会社
東京都千代田区神田須田町1丁目16-5ヒューリック神田ビル2F
TEL:03-3252-1721
URL:http://www.esite-hc.com/


ITEM2016(ITEM in JRC 2016 国際医用画像総合展)
TOP