ITEM2016 富士フイルム 取材速報
画像処理技術を核にしたDRの新画像処理エンジンやSYNAPSEの新バージョンなど多くの新製品を展示


2016-4-17


富士フイルムメディカルブース

富士フイルムメディカルブース

富士フイルムメディカルは,「Value from Innovation 医療のいちばん近くから,次代を見つめる。」をテーマに展示を行った。ブースは,例年同様に,DRや超音波などの同社独自の画像処理技術で高画質・低被ばくを実現する製品を紹介する“Modality ソリューション”コーナーと,高い技術開発力でPACSをはじめとする診療情報の活用を支援するソリューションを展示する“ITソリューション”の2つの領域で構成した。特に今年はDRでは画像処理エンジンを一新しさらに低線量で高画質化が可能になったこと,ITソリューションでは基幹PACSのSYNAPSEのアーキテクチャを一新した新バージョンが発売されるなど,多くの新製品を来場者にアピールした。

DRコーナーでは,“LOW-DOSE SOLUTIONS”として,低線量撮影と同時に撮影ワークフローの向上を支援すると製品やサービスが紹介された。カセッテDR(ワイヤレスFPD)の「CALNEO Smart」シリーズでは,GOS(ガドリニウムオキサイドサルファ)のパネル搭載しさらに軽量化と感度向上を図った新製品「FUJIFILM DR CALNEO Smart S47」と同S77を展示。また,長尺撮影用のロングサイズパネル「CALNEO GL」と,電動式撮影台「FM-PL1」を紹介した。「CALNEO GL+FM-PL1」では,立位だけなく斜位や臥位などパネルを移動させて撮影が可能になる。
また,今回,これらの撮影を支える画像処理技術が一新されたことも大きなトピックだ。ブース内では,新しい画像処理エンジンであるダイナミック処理(Dynamic Visualization Ⅱ),Virtual Gridの領域拡大,胸部アドバンス処理(Bone Suppression Advance)などをパネルやプレゼンテーションで紹介した。そのほか,マンモグラフィでも粒状性の改善と低線量撮影を可能にする“Excellent-m 2D”,“Excellent-m 3D(トモシンセシス対応)”を紹介した。
さらに,小型でワンハンドオペレーションを可能にしたタブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」は,操作性とカラー液晶の高画質画像が注目を集めていた。

ITソリューションゾーンは,“Open Integration.Good Solution.”のテーマが掲げられた。ITEM期間中にリリースされたPACSの最新バージョン「SYNAPSE5」はアーキテクチャを一新し,サーバサイドレンダリングにすることで表示スピードを従来の2倍に高速化,さらにセキュリティ性の向上や端末管理も容易になった。端末選択の自由度が広がったことで,PCだけでなくタブレット端末からのアクセスの可能になるほか,放射線画像だけなく院内で発生する各種の画像参照への拡張も容易になる。
こういった流れをサポートするもう1つの新しいソリューションとして,院内で発生するさまざまな診療情報をベンダーにかかわらず一元的に管理,保管する統合アーカイブシステム「SYNAPSE VNA」を展示。2015年5月に買収したVNAの大手である米国TeraMedica社の技術を国内でも展開するものだ。
DRコーナーで展示された,放射線部門向けの管理支援サービス「ASSISTA Management」は,同社の医療施設向けクラウドサービス「ASSISTA Portal」の新サービスとして提供されるものだ。X線撮影装置の撮影条件などのデータを自動収集し,オンラインでデータセンターにアップロードし,撮影線量やEI値などを撮影室ごとや個人ごとに解析して結果を参照できる。数値やグラフで確認することで,線量低減やワークフローの改善に生かすことが期待される。

さらに軽量・高画質化を図った「FUJIFILM DR CALNEO Smart S47」

さらに軽量・高画質化を図った
「FUJIFILM DR CALNEO Smart S47」

「FUJIFILM DR CALNEO Smart S77」は3.1kgと従来よりさらに軽量化

「FUJIFILM DR CALNEO Smart S77」は
3.1kgと従来よりさらに軽量化

   
ロングパネルと撮影台の可動性で長尺撮影をサポートする「CALNEO GL+FM-PL1」

ロングパネルと撮影台の可動性で長尺撮影を
サポートする「CALNEO GL+FM-PL1」

新しい画像処理エンジンである“ダイナミック処理(Dynamic Visualization Ⅱ)”

新しい画像処理エンジンである“ダイナミック処理(Dynamic Visualization Ⅱ)”

   
適用部位が拡大した「Virtual Grid」

適用部位が拡大した「Virtual Grid」

胸部アドバンス処理(Bone Suppression Advance)

胸部アドバンス処理(Bone Suppression Advance)

   
胸部アドバンス処理はクリニック向けの「C@RNACORE V3.1」に搭載

胸部アドバンス処理はクリニック向けの「C@RNACORE V3.1」に搭載

マンモグラフィの粒状性改善と低線量撮影を可能にする新しい画像処理“Excellent-m 2D”

マンモグラフィの粒状性改善と低線量撮影を可能にする新しい画像処理“Excellent-m 2D”

   
片手で操作可能なタブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」

片手で操作可能なタブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」

サーバサイドレンダリング処理で高速化した「SYNAPSE5」

サーバサイドレンダリング処理で高速化した「SYNAPSE5」

   
長期保存性を保証し地域連携にも対応する統合アーカイブ「SYNAPSE VNA」をアピール

長期保存性を保証し地域連携にも対応する
統合アーカイブ「SYNAPSE VNA」をアピール

放射線業務を支援する管理支援サービス「ASSISTA Management」

放射線業務を支援する管理支援サービス
「ASSISTA Management」

 

●お問い合わせ先
富士フイルムメディカル
住所:東京都港区西麻布2-26-30
TEL:03-6419-8033
URL:http://fms.fujifilm.co.jp/


TOP