ITEM2016 イーメディカル東京 取材速報
MRI室の安全な運用に貢献する製品と遠隔読影におけるコニカミノルタジャパン社との協業をアピール


2016-4-16


イーメディカル東京ブース

イーメディカル東京ブース

イーメディカル東京は,アップグレードされたポール型磁性体センサー「magfhy Ⅱ」を中心に,MRI室の安全な運用に貢献する4製品をラインナップした。また,コニカミノルタジャパン社と「遠隔読影支援サービス」において協業し,5月からサービスの提供を開始することを発表した。

リニューアルされたmagfhy Ⅱは,大幅なスリム化により設置性が向上したほか,“ベクトル検知”と“環境ノイズ抑制機能”という2つの機能が搭載され,磁性体の検出性能を向上した。また,磁性体の検知を知らせる表示ランプなどもよりわかりやすくなった。
電磁波低減LEDライト「Mag luminance」は,ストレート型の直付タイプ,ブラケットタイプ,ダウンライトタイプ,スポットライトタイプの4種類が用意されている。従来の電球や蛍光灯に比べて寿命が長く,電気交換の頻度を減らすことでMRIへの吸着事故のリスク低減に貢献する。
このほか,携帯型の強磁場警報器「MAG WATCHER」と「MAG WATCHER PLUS」,ハンディタイプの磁性体検知器などが紹介された。

さらに,同社の遠隔読影サービスが,コニカミノルタジャパン社のネットワークサービス「infomity」を介して提供されることとなった。これにより,infomityサービスの利用者は,オンラインにて簡単かつ低コストでの読影依頼が可能となる。

アップグレードされたポール型磁性体センサー「magfhy Ⅱ」

アップグレードされたポール型磁性体センサー「magfhy Ⅱ」

電磁波低減LEDライト「Mag luminance」

電磁波低減LEDライト「Mag luminance」

 

「infomity」を介した遠隔読影サービスを説明するパネル

「infomity」を介した遠隔読影サービスを
説明するパネル

 

●お問い合わせ先
・MRI検査のより安全な運用環境のサポートに関して
イーメディカル東京
住所:東京都中央区銀座7-15-5
TEL:03-3542-3588
URL:http://www.emedicaltokyo.co.jp/

・コニカミノルタinfomity遠隔読影支援サービスに関して
(株)イー・メディカルソリューションズ
住所:〒462-0819 名古屋市北区平安1-7-23 GVビル3階
TEL:052-911-7055  FAX:052-911-7011
URL:http://www.emsl.co.jp


ITEM2016(ITEM in JRC 2016 国際医用画像総合展)
TOP