ファイルメーカー,最新バージョンFileMaker 15プラットフォームと医療向けの多彩なソリューションを紹介

2016-7-14

FIleMaker


ファイルメーカーブース

ファイルメーカーブース

ファイルメーカーは,例年どおり,FileMakerプラットフォームを使って開発されたさまざまな医療向けソリューションを中心にした展示を行った。今年出展したのは,ジェネコム,ジュッポーワークス,イエスウイキャン,スプラッシュ,アイフロント,テクニカル・ユニオン,エムシス(順不同)。
ブースでは,今年5月に発売された最新バージョンのFileMaker 15プラットフォームの紹介や出展各社による製品紹介を行うプレゼンテーションステージ,FileMakerに関するよろず相談を受け付けるFileMaker Barなどのコーナーが設けられた。

ミニプレゼンテーションコーナー

ミニプレゼンテーションコーナー

 

FileMakerに関する相談を受け付ける“FileMaker Bar”は今年も人気

FileMakerに関する相談を受け付ける“FileMaker Bar”は今年も人気

 

●アイフロント「コウノトリ(生殖医療用電子カルテ)」
不妊治療を行う施設向けに開発された電子カルテシステム。受付,診療記録,各種オーダなどの一般的な機能はもちろん,培養記録や採卵手術や胚融解などのスケジュール管理,iPadでの問診票入力システムなど,不妊治療独特の業務やワークフローに対応したソリューションを提供する。ベースとなるシステムは,大阪市で不妊治療に取り組む越田クリニックで開発された。

生殖医療用電子カルテ「コウノトリ」

生殖医療用電子カルテ「コウノトリ」

 

IVFサマリなど入力されたデータを活用してタイムリーに情報を提供

IVFサマリなど入力されたデータを活用してタイムリーに情報を提供

 

●ジュッポーワークス「生体試料情報管理システムBiora」
国立長寿医療研究センターと共同開発されたバイオバンクでの生体試料情報管理システムで,“SS-MIX連携”,“同意書”,“匿名化”,“検体管理”の各モジュールで構成される。研究用の検体の収集,管理に当たって,患者の同意取得,電子カルテからの患者情報の収集,研究用データの患者情報匿名化,収集された検体の管理という一連の機能を実現するが,モジュール化によって検体管理など一部機能のみを利用することも可能となっている。
※Bioraは国立長寿医療研究センターの登録商標

生体試料情報管理システム「Biora」

生体試料情報管理システム「Biora」

 

研究機関だけでなく一般病院での検体管理としても利用可能

研究機関だけでなく一般病院での検体管理としても利用可能

 

●スプラッシュ「MEROS/ME機器管理」
輸液ポンプや人工呼吸器,ベッドサイドモニタなど,ME機器の管理,保守などの運用をサポートするソリューション。機器の貸出/返却の管理,修理や定期点検の状況などの一元的な管理を可能にする。バーコードチェックによる機器の貸出管理,各機器の貸出履歴や修理歴,業者連絡先の登録など,ME機器管理部門に必要な機能が搭載されている。昭和大学の臨床工学室との共同開発で,同大学の関連病院6施設に導入されている。

ME機器管理システム「MEROS/ME機器管理」

ME機器管理システム「MEROS/ME機器管理」

 

バーコードやタッチパネルなどを利用して簡単に運用管理が可能

バーコードやタッチパネルなどを利用して簡単に運用管理が可能

 

●イエス ウィ キャン「FileMakerソリューションをAWSで運用しよう」
イエス ウィ キャンは,FileMakerソリューションのサーバをクラウドで管理するホスティングサービスを紹介した。1つは専有型のサービスである「YFMcloud」で,CPU,メモリ,HDDすべてが専有型で,メモリとCPUの違いで初期費用5万円,月額基本仕様用2万5000円のスターターから4つのプランが用意されている。もう1つはパネルに掲示されたAWSを利用するもので,多数提供されているAWSのサービスの中からFileMakerソリューションに適したAWSを組み合わせて提供する。

AWSを利用したFileMakerソリューションの構築をサポート

AWSを利用したFileMakerソリューションの構築をサポート

FIleMaker


国際モダンホスピタルショウ2016
    TOP