パナソニック,IoTやAI,ロボット技術で,業務効率向上と高齢者の自立支援

2018-10-10


パナソニックブース

パナソニックブース

パナソニックのブースでは,現在開発中の施設向け歩行トレーニング支援サービス「Walk training robo」を参考出品した。Walk training roboは,AIが利用者ごとに最適な運動負荷をかけることで,効果的な歩行トレーニングを行うことが可能。また,トレーニングの成果をロボットに搭載された画面上で確認できるので,利用者のモチベーション向上を図れる。データは自動的に記録され,スタッフの負担も軽減できる。このほか,IoTの技術を活用しエアコンとルームセンターを設置して入居者の安否を確認する「エアコンみまもりサービスや,AI技術で介護サービス利用者の送迎計画を自動作成する新製品「DRIVEBOSS 送迎支援」などのPRを行った。

AI技術を搭載した歩行トレーニング支援サービス「Walk training robo」

AI技術を搭載した歩行トレーニング支援サービス「Walk training robo」

 

●問い合わせ先
パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社
SE社システムエンジニアリングセンター広域営業部オペレーション課
〒140-0002 東京都品川区東品川3丁目31番8号 東品川ビルディング
TEL●03-5782-7903
E-mail●support@gg.jp.panasonic.com
URL●http://mimamori.apc.panasonic.com/


国際福祉機器展 H.C.R.2018
    TOP