コニカミノルタ,スタッフの負担を軽減する見守りシステム「ケアサポートソリューション」を出品

2018-10-11


コニカミノルタブース

コニカミノルタブース

コニカミノルタが提供する「ケアサポートソリューション」は,部屋に取り付けたセンサーとスタッフが持つスマートフォンを組み合わせた見守りシステム。起床,離礁,転倒・転落など入居者の動きに変化があった場合,センサーが感知し,赤外線カメラの映像をスタッフのスマートフォンから確認できる。転倒・転落時の映像は記録されるため,原因を究明する際の資料にもなる。また,胸の動きといった体動もセンサーで検知できるために,安否確認も行える。このように,入居者の居室を直接訪問しなくても,スマートフォンから安否確認や声かけ,利用者の状態を映像で確認してからの訪問などができる。さらに,ケア記録の入力もスマートフォンから可能なほか,入居者の情報をリアルタイムにスタッフ間で共有できる。

離れた場所からでも入居者の状態を把握できることから,不要な訪問・巡回を減らすなど,業務の効率化を図れる。これにより,スタッフの負担も軽減できるほか,効率化によって生まれた時間をケアに充てるなど,介護の質の向上にもつなげられる。さらに,スタッフが働きやすい環境となることで,働き方改革,ワークライフバランスの実現も可能となる。

ケアサポートソリューションでは,スタッフの業務内容を記録することで,施設の課題を可視化し,導入効果を測定する「CSS業務支援サービス」も提供している。今後は,他社の介護システムとの連携も強化していくこととしており,ブースでは現在開発を進めている富士データシステムの「ケアカルテ」との連携も参考出品としてデモンストレーションを行っていた。

業務効率化を実現する「ケアサポートソリューション」

業務効率化を実現する「ケアサポートソリューション」

 

「ケアサポートソリューション」導入施設の声をパネルで紹介

「ケアサポートソリューション」導入施設の声をパネルで紹介

 

入居者居室の天井に設置するセンサー

入居者居室の天井に設置するセンサー

 

入居者の動きに変化があった場合にスマートフォン上に映像を表示

入居者の動きに変化があった場合にスマートフォン上に映像を表示

 

富士データシステムの「ケアカルテ」との連携(開発中)

富士データシステムの「ケアカルテ」との連携(開発中)

 

●問い合わせ先
コニカミノルタジャパン株式会社
ヘルスケアカンパニー
〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング(総合受付26階)
TEL●03-6324-1080
FAX●03-3454-3216
E-mail●mhj-hc-css@gcp.konicaminolta.com
URL●ケアサポートソリューション ポータルサイト:
https://www.konicaminolta.jp/business/solution/innovation/expertise/care_support/index.html


国際福祉機器展 H.C.R.2018
    TOP