月刊インナービジョン2019年1月号

2019年1月号

月刊インナービジョン2019年1月号

Vol.34 No.1

2018年12月25日発行

  • 被ばく低減に向けた低線量CT検診の到達点 胸部CT検診&大腸CT検診の技術的進歩
  • RSNA 2018 ハイライト

本体価格 2,200円(税別)

1月号の発行は2019年1月7日(月)です。

特集
被ばく低減に向けた低線量CT検診の到達点
胸部CT検診&大腸CT検診の技術的進歩
企画協力:
満崎克彦(済生会熊本病院予防医療センター副部長)
中川 徹(株式会社日立製作所日立健康管理センタ副センタ長)
村松禎久(国立がん研究センター東病院放射線技術部長)

Ⅰ  CT検診における被ばく低減技術の進歩

 1.画像再構成法における技術の現状と将来展望
 檜垣 徹(広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門放射線診断学)

 2.線量管理における技術の現状と将来展望
 岩渕勇人/村松禎久(国立がん研究センター東病院放射線技術部)

Ⅱ  胸部CT検診の検査・読影技術の到達点

 1.胸部CT検診の現状─撮影プロトコール・読影注意点・精度管理を含めて
 丸山雄一郎(JA長野厚生連浅間南麓こもろ医療センター放射線科)

 2.胸部CT検診におけるAI-CADの研究開発の動向
 木戸尚治(山口大学工学部知能情報工学科知能情報処理学研究室)

 3.日本CT検診学会のこれまでの取り組み
 中川 徹(株式会社日立製作所日立健康管理センタ)

 4.日立市での職域・地域低線量肺がんCT検診の実際
 名和 健(株式会社日立総合病院呼吸器内科)

Ⅲ  大腸CT検診の検査・読影技術の到達点

 1.大腸CT検診の現状と展望
 満崎克彦(済生会熊本病院予防医療センター)

 2.大腸CT検査における前処置法の最新動向
 秋田裕介(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院医療技術部画像診断室)

 3.低線量大腸CTおよび炭酸ガス注入法(超高精細CTの可能性を含む)について
 鈴木雅裕(イーメディカル東京遠隔画像診断センター)

 4.大腸CT検診における診療放射線技師による一次チェックの重要性
 松田勝彦(済生会熊本病院中央放射線部)

 5.大腸CT検診における読影法─最新動向も含めて
 歌野健一(福島県立医科大学会津医療センター小腸・大腸・肛門科/放射線科)

 6.大腸CTの画像解析─読影のピットフォールと最新動向
 富松英人(岐阜大学医学部附属病院放射線科)

 7.大腸CTにおけるAI-CADの研究開発動向
 鈴木賢治(イリノイ工科大学医用画像研究所/東京工業大学科学技術創成研究院)

 8.大腸CT検診の運用方法─検診施設/総合病院/クリニックにおけるノウハウ
  1)山下病院における大腸CT検診の実際
    服部昌志(医療法人山下病院)

  2)検診会東京メディカルクリニックにおける大腸CT検診の実際
    三原嵩大(検診会東京メディカルクリニック放射線科)

  3)亀田メディカルセンター幕張における大腸CT検診の実際
    藤原正則(医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター幕張診療放射線部)

  4)済生会熊本病院予防医療センターにおける大腸CT検診の実際
    田上真之介(済生会熊本病院予防医療センター)

◇その他,通常号のシリーズを中心に掲載

◆別冊付録「RSNA 2018 ハイライト」

TOP