月刊インナービジョン2018年7月号

2018年7月号

月刊インナービジョン2018年7月号

Vol.33 No.7

2018年6月25日発行

  • 人工知能は医療に何をもたらすか2 加速する医療分野のAI開発の現在と未来
  • ITvision No.38

本体価格 2,200円(税別)

特集
シリーズ新潮流─The Next Step of Imaging Technology─
Vol.9  
人工知能は医療に何をもたらすか2
加速する医療分野のAI開発の現在と未来
企画協力:藤田広志(岐阜大学特任教授/名誉教授)

Ⅰ  総 論
インタビュー:AI時代の到来と医療に与える影響
山田誠二(国立情報学研究所)

Ⅱ  医療分野におけるAIをめぐる国内外の動向
1.AIを活用した医療機器開発に対するPMDAの考え方
髙江慎一(医薬品医療機器総合機構)

2.医療分野におけるAIを活用した画像診断支援装置の審査ガイドライン策定に向けて
橋爪 誠(九州大学)

3.医療分野におけるAIを活用した画像診断支援装置の開発ガイドラインの策定に向けて
横井英人(香川大学医学部附属病院)

4.米国におけるCADxシステムの開発の実際
Maryellen L. Giger(シカゴ大学)

Ⅲ  AI普及のカギを握る技術開発の実際と展望
1.インタビュー:ネオコグニトロンからディープラーニングへ─未来への期待
福島邦彦(ファジィシステム研究所)

2.ディープラーニングを用いたAI開発のための技術的基礎知識
寺本篤司(藤田保健衛生大学)

3.ディープラーニングの医療応用に向けた技術開発への期待
三宅 淳(大阪大学)

4.ディープラーニングによる画像処理・認識技術の最前線
鈴木賢治(イリノイ工科大学/東京工業大学)

5.敵対的生成ネットワーク(GAN)の基礎から医用画像応用
大竹義人(奈良先端科学技術大学院大学)

6.医療分野におけるAI開発のためのGPU技術の現状と展望
鈴木博文(エヌビディア)

7.医療分野のAI開発の実際
大田信行(Preferred Networks)

8.産総研人工知能研究センターが取り組むABCIプロジェクト
関口智嗣(産業技術総合研究所)

9.量子コンピュータの概要と将来展望
大関真之(東北大学)

Ⅳ  臨床におけるAI活用の現状と展望
1.画像診断支援のためのAI活用の実際
粟井和夫(広島大学)

2.放射線医学領域におけるAI活用の国際動向
中田典生(東京慈恵会医科大学)

3.放射線医学領域におけるAI技術開発の動向
藤田広志(岐阜大学)

4.AI技術によるリアルタイム内視鏡診断支援サポートシステムの実際
田中聖人(京都第二赤十字病院)

5.病理診断をサポートするAI技術の開発
坂無英徳(産業総合研究所)

6.AIを用いた創薬の実際と今後の展望
奥野恭史(京都大学)

Ⅴ  医療関連メーカーのAI開発最前線
画像診断装置,医療情報システム関連企業のAI開発などの取り組み

◇その他,通常号のシリーズを中心に掲載

◆別冊付録「ITvision No.38

TOP