月刊インナービジョン2017年8月号

2017年8月号

月刊インナービジョン2017年8月号

Vol.32 No.8

2017年7月25日発行

  • Women’s Imaging 2017 Breast Imaging 「高濃度乳房」問題をめぐる動向と画像診断技術の最新トピックス / Female Pelvis Imaging 骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの可能性

本体価格 2,200円(税別)

  目次PDFダウンロード

 

特集
Women’s Imaging 2017
Breast Imaging Vol.12
「高濃度乳房」問題をめぐる動向と画像診断技術の最新トピックス
企画協力:植松孝悦(静岡県立静岡がんセンター乳腺画像診断科兼生理検査科部長)

  内容の一部をご覧いただけます

Ⅰ 総 論
わが国の乳がん検診と画像診断技術の最新動向
植松孝悦
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

  内容の一部をご覧いただけます

Ⅱ 対策型乳がん検診における高濃度乳房問題の動向
対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する提言・報告書について
笠原善郎
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

Ⅲ 高濃度乳房に対する有効な画像診断技術とその最新トピックス

1.マンモグラフィの最新技術とトピックス

   内容の一部をご覧いただけます

1)乳房トモシンセシス乳がん検診の国際的な動向と今後の展望
  菊池真理
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

 2)高濃度乳房対策としての造影マンモグラフィの有用性と海外での現状
  明石定子
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

2.超音波診断装置の最新技術とトピックス

   内容の一部をご覧いただけます

 1)J-STARTの最新情報と今後の展望,超音波乳がん検診の可能性
  鈴木昭彦
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

 2)乳がん検診に向けた乳房専用自動スキャン超音波診断装置の必要性と課題─高濃度乳房対策を含めて
  水谷三浩ほか
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

 3)乳がん検診におけるエラストグラフィの可能性
  中島一毅
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

 4)乳房MRI-detected lesion検出における超音波fusion技術の臨床応用と将来展望
  中野正吾ほか
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

3.乳房MRIの最新技術とトピックス
  米国の乳房MRI乳がん検診の動向とAbbreviated Breast MRI,Accelerated Breast MRI
  阿部裕之
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

4.乳房PETの最新技術とトピックス
  乳房PET/PEMの最新トピックスと高濃度乳房への有効性
  久保田一徳
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

5.ソフトウエアの最新技術とトピックス
  定量的乳腺密度評価ソフトウエアの有用性と今後の展望
  難波 清
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

Female Pelvis Imaging Vol.5
骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの可能性
企画協力:竹内麻由美(徳島大学医学部放射線科講師)

   内容の一部をご覧いただけます

Ⅰ 総 論
骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの最新動向
竹内麻由美ほか
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

Ⅱ 骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの現状と展望

1.MRIによる機能イメージング

 1)拡散強調画像の現在
  木戸 晶

   内容の一部をご覧いただけます

 2)テクスチャ解析の臨床的有用性
  上野嘉子
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

 3)DCE-MRIの臨床的有用性
  福永 健ほか
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

 4)R2,R2* mapping
  高濱潤子
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

 5)ASLの子宮への臨床応用
  小坂信之/木村浩彦
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

 6)磁化率強調シーケンスの臨床的有用性
  竹内麻由美ほか
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

2.核医学による機能イメージング
  婦人科がんにおけるPETの臨床的有用性
  北島一宏/山門亨一郎
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

   内容の一部をご覧いただけます

Ⅲ 個別化医療に向けた最新動向
Radiomics/radiogenomicsの現状と展望
酒井晃二ほか
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

■Women’s Imaging最新技術(モダリティ別技術解説)

 

 WEBで読む

目次裏
聖隷三方原病院
高機能・コンパクト80列CTの導入で被ばく線量の低減と検査スループットを向上
SEMAR やサブトラクションを活用しワイドボアや寝台移動機能で患者にやさしい検査を提供

めざせ達人シリーズ〈X線撮影編〉
一般撮影技術を見直そう! No.47〈下肢No.29〉
9.診療放射線技師が知っておきたいTKAのX線撮影 その9(TKA術前の軸位像の描出範囲について)
(X-ray radiation methods of TKA need to be known as radiological technologist)
安藤英次
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

めざせ達人シリーズ〈CT編〉
CT徹底解剖─基礎から日常点検まで
108.CT研究を始めよう
辻岡勝美
【電子データを入手(Digital e-honへ)  】

 WEBで読む

IMAGE ANALYSIS SOFTWARE─next advances
次世代の画像解析ソフトウェア No. 184
フュージョンと金属アーチファクト低減技術を併用した頭部CTA血管描出向上の取り組み
藤本 勤

Seminar Report
第76回日本医学放射線学会総会ランチョンセミナー25

 WEBで読む

聖マリアンナ医科大学グループ病院を統合する次世代画像情報システムの実現
小林泰之

Seminar Report
日本超音波医学会第90回学術集会ランチョンセミナー1
肝疾患を粘性と減衰で診る

 WEBで読む

1.肝臓の粘性とDispersion Imaging
杉本勝俊

 WEBで読む

2.肝疾患におけるSWEとAttenuation Imaging
飯島尋子

Seminar Report
日本超音波医学会第90回学術集会ランチョンセミナー5

 WEBで読む

Eye of the Aplio i~日常診療にどう活用するか~
畠 二郎

US Report
一般社団法人日本心エコー図学会第28回学術集会ランチョンセミナー7
エコーで見る心不全の血行動態の把握と正確な診断に向けて

 WEBで読む

1.Dual Dopplerの使用経験
大原貴裕

 WEBで読む

2.Vector Flow Mappingで渦を見る
上嶋徳久

US Report
第105回日本泌尿器科学会総会ランチョンセミナー27
泌尿器癌に対する新たな診断・治療戦略

 WEBで読む

1.泌尿器癌における超音波を用いた新たな診断・治療戦略
出嶋 卓

 WEBで読む

2.画像ガイド下凍結療法:現況と将来展望
浅山良樹

 WEBで読む

VARIAN RT REPORT
No.8  肝臓癌:技術編
広島大学病院
肝臓癌に対する定位放射線治療の現状
河原大輔ほか

 WEBで読む

PICK UP
FUJIFILM TECH FILE 2017
AMULET Innovalityの新しい画像処理技術「Excellent-m 2D/3D」
俣野公志

研究会リポート
第14回 消化管CT技術研究会
赤井亮太

IVリポート
国際モダンホスピタルショウ2017
第21回CTサミットが広島で開催
日本診療放射線技師会と日本画像医療システム工業会,「第5回モニタ精度管理セミナー」を開催
GEヘルスケア・ジャパン,「Vscan Extend」を発表
GEヘルスケア・ジャパンが「Centricity LIVE Tokyo 2017」を開催
医療法人伯鳳会,シーメンスヘルスケアも協力した「東京オリンピックに向けての爆発災害対応訓練」
国立がん研究センターとNECが,AIを用いたリアルタイム大腸内視鏡診断サポートシステムを開発
全国重粒子線治療施設設立者協議会が発足
JETROとMEJが業務協力に関する覚書を締結
富士通の電子カルテフォーラム「利用の達人」が第14回総会を開催

〈巻末特集〉 モダリティ EXPO  バイヤーズガイド
マンモグラフィ 編

Information
  ・第11回消化管先進画像診断研究会(GAIA)
  ・平成29年度 医療放射線安全管理講習会

市・場・発

● IV EXPRESS(海外論文サマリー)

次号予告

【関連コンテンツ】
TOP