月刊インナービジョン2017年8月号

2017年8月号

月刊インナービジョン2017年8月号

Vol.32 No.8

2017年7月25日発行

  • Women’s Imaging 2017 Breast Imaging 「高濃度乳房」問題をめぐる動向と画像診断技術の最新トピックス / Female Pelvis Imaging 骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの可能性

本体価格 2,200円(税別)

特集
Women’s Imaging 2017
Vol.12 Breast Imaging
「高濃度乳房」問題をめぐる動向と画像診断技術の最新トピックス
企画協力:植松孝悦(静岡県立静岡がんセンター乳腺画像診断科・生理検査科部長)

Ⅰ 総 論

わが国の乳がん検診と画像診断技術の最新動向
植松孝悦(静岡県立静岡がんセンター)

Ⅱ 対策型乳がん検診における高濃度乳房問題の動向

対策型乳がん検診における「高濃度乳房」問題の対応に関する提言・報告書について
笠原善郎(福井県済生会病院)

Ⅲ 高濃度乳房に対する有効な画像診断技術とその最新トピックス

1.マンモグラフィの最新技術とトピックス

1)乳房トモシンセシス乳がん検診の国際的な動向と今後の展望
菊池真理(国立がん研究センター中央病院)

2)高濃度乳房対策としての造影マンモグラフィの有用性
明石定子(昭和大学病院)

2.超音波診断装置の最新技術とトピックス

1)J-START結果の最新情報と今後の展開と超音波乳がん検診の可能性
鈴木昭彦(東北医科薬科大学病院)

2)乳がん検診に向けたABUSの必要性と課題─高濃度乳房対策を含めて
水谷三浩(三河乳がんクリニック)

3)乳がん検診に向けたエラストグラフィの可能性─高濃度乳房対策を含めて
中島一毅(川崎医科大学総合医療センター)

4)MRI detected lesionsに対するRVS技術の将来展望
中野正吾(愛知医科大学病院)

3.乳房MRIの最新技術とトピックス

米国の乳房MRI乳がん検診の動向とabbreviated breast MRI, accelerated breast MRI
阿部裕之(シカゴ大学病院)

4.乳房PETの最新技術とトピックス

乳房PET/PEMの最新トピックスと高濃度乳房への有効性
久保田一徳(東京医科歯科大学医学部附属病院)

5.ソフトウエアの最新技術とトピックス

定量的乳房濃度評価ソフトウエアの有用性と今後の展望
難波 清(北斗病院)

Vol.5 Female Pelvis Imaging
骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの可能性
企画協力:竹内麻由美(徳島大学大学院医歯薬学研究部放射線医学分野講師)

Ⅰ 総 論

骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの最新動向
竹内麻由美(徳島大学)

Ⅱ 骨盤内女性臓器疾患における機能イメージングの現状と展望

1.MRIによる機能イメージング

1)拡散強調画像の臨床的有用性
木戸 晶(京都大学)

2)テクスチャ解析の臨床的有用性
上野嘉子(神戸大学)

3)DCE-MRIの臨床的有用性
福永 健(鳥取大学)

4)R2*mappingの臨床的有用性
高濱潤子(奈良県立医科大学)

5)ASLの子宮への臨床応用
小坂信之/木村浩彦(福井大学)

6)磁化率強調画像の臨床的有用性
竹内麻由美(徳島大学)

2.核医学による機能イメージング

婦人科がんにおけるPETの臨床的有用性
北島一宏/山門亨一郞(兵庫医科大学)

Ⅲ 個別化医療に向けた最新動向

Radiomics/Radiogenomicsの現状と展望
酒井晃二・他(京都府立医科大学)

◇その他,通常号のシリーズを中心に掲載

TOP