月刊インナービジョン2017年4月号

2017年4月号

月刊インナービジョン2017年4月号

Vol.32 No.4

2017年3月25日発行

  • マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017【技術編】 ─それぞれの技術の到達点─
  • 磁遊空間Vol.34

本体価格 2,200円(税別)

特集
マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017【技術編】
─それぞれの技術の到達点─
企画協力:高瀬 圭(東北大学大学院医学系研究科放射線診断学分野教授)

●総論:Cardiac Imagingの現状と展望
高瀬 圭(東北大学大学院医学系研究科放射線診断学分野教授)

●モダリティ別技術の到達点
【各社のハード・ソフトの最新技術紹介】
CT,MRI,US,DA,PET/CT・SPECT/CT,IT

◇その他,通常号のシリーズを中心に掲載

◆別冊付録「磁遊空間Vol.34」

 

5月号はマルチモダリティによるCardiac Imaging 2017【臨床編】です。
以下予告。

Ⅰ CTのストラテジー&アウトカム
● イントロダクション:
心臓CTの最新動向と今後の展望
  東 将浩(大阪医療センター)
1.CTによる心臓の包括検査の実際
 北川覚也(三重大学)
2.CTで心筋虚血を見る:FFR,ECV定量評価法
 後藤義崇(三重大学)
3.FFR-CTに基づくPCI戦略
 藤本進一郎(順天堂大学)
4.超高精細CTの展望
 高木英誠(岩手医科大学附属病院)
5.ADCTによるワンストップ心臓CT
 山口隆義(華岡青洲記念心臓血管クリニック)
6.高速kVp Switching法デュアルエナジーGSIに対する心臓領域の臨床的有用性
 太田靖利(鳥取大学)
7.循環器領域におけるハイエンドDSCTの臨床的有用性
 堀井陽祐(新潟大学)
8.心臓CTにおけるフィリップス社製装置の使用経験
 片平和博(熊本中央病院)

Ⅱ MRIのストラテジー&アウトカム
● イントロダクション:
心臓MRIの最新動向と今後の展望
  天野康雄(日本大学)
1.MRIによる心臓の包括検査の実際
 城戸倫之(愛媛大学)
2.MRIによる心筋血流評価
 石田正樹(三重大学)
3.T1 mapping,T1ρによる心筋性状評価
 尾田済太郎(熊本大学)
4.心臓特化型イメージングセンターにおけるMRI検査と診断の実際
 寺島正浩(心臓画像クリニック飯田橋)
5.心筋症におけるMRIの有用性
 寺岡邦彦(榊原記念クリニック)

Ⅲ DAのストラテジー&アウトカム
● イントロダクション:
心臓CT・MRI時代の血管造影
  中田 充(東北大学病院)
1.肺動脈IVRのためのDA戦略
 大下亮介(東北大学病院)
2.最新血管撮影装置を用いた循環器領域の検査と治療の実際
 白崎泰隆(しらさきクリニック ハートセンター)
3.島津血管撮影システムTriniasの使用経験
 坂上祐司(東住吉森本病院)

Ⅳ PET/CTとSPECT/CTのストラテジー&アウトカム
● イントロダクション:
心臓核医学検査の最新動向と今後の展望
  玉木長良(北海道大学)
1.心臓専用SPECT:心臓核医学の新しい時代
 松本直也(日本大学)
2.PET/CTによる心筋性状診断
 真鍋 治(北海道大学)
3.心筋SPECT検査による心機能の定量解析
 宮川正男(愛媛大学)
4.心臓領域におけるIQ・SPECT の有用性
 奥田光一(金沢医科大学)/中嶋憲一(金沢大学)
5.最新SPECTを用いた循環器診療の実際
 皿井正義(藤田保健衛生大学)

Ⅴ USのストラテジー&アウトカム
● イントロダクション:
心臓超音波検査の最新動向と今後の展望
  中谷 敏(大阪大学)
1.循環器診療における東芝メディカルシステムズ社製超音波診断装置の使用経験
 渡辺修久(岡山大学病院)
2.心臓疾患におけるフィリップス社製超音波診断装置の使用経験
 赤木禎治(岡山大学)

Ⅵ ITのストラテジー&アウトカム
1.冠動脈MMARからの機能画像診断(心筋SPECT,心筋perfusion)の実際
 城戸輝仁(愛媛大学)
2.循環器診療における最新ワークステーションの活用
 望月純二(みなみ野循環器病院)
3.循環器診療における動画ネットワークシステムの使用経験
 松尾仁司/谷垣 徹(岐阜ハートセンター)
4.TAVR術後評価におけるZiostation2の使用経験
 林田健太郎(慶應義塾大学)

TOP