HL7 メッセージ交換 第2版

HL7 メッセージ交換 第2版

HL7 メッセージ交換 第2版

2013年7月12日発行

    【著者】 Mike Henderson

    【企画・監修】 日本HL7協会

    本書の内容は,予想通り使い続けられているV2シリーズのメッセージについての解説,V3については,世界でのEHRのドキュメント交換標準となったCDAについての解説,およびこれらの基本となるRIMの解説である。各国語に翻訳され広く使われているだけあり,平易な例とともに,その奥に流れる構造や考え方まで身に付く良書である。ぜひ本書を利用され,大事な患者情報を時代やベンダを超えて保全することで,施設間のスムースな臨床情報連携が可能となり,これらの実装が簡便となることを祈って止まない。
    〔日本語訳の刊行にあたってから抜粋〕
    (木村通男・浜松医科大学医療情報部教授/日本HL7協会理事長)

    ◆B5判(並製)1色刷り 206頁
    ◆刊行:2013年7月12日
    ◆2800円(税別) <送料200円>

    発売元:株式会社 インナービジョン
    〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1
    TEL 03-3818-3502 FAX 03-3818-3522

    ~ご購入はネットストア,またはお電話でお申し込みください~

    ネットストアはこちら

     

    ◆電子ブック 2200円(税込)
    http://www.shinanobook.com/genre/book/2388
    ※電子ブックの立ち読みもできます

     

    医療情報に携わる技術者必携のHL7バイブル
    HL7 医療情報標準化規格─その概略─
    とセット利用をお勧めします。
    A5判(並製)1200円(税別)<送料200円>

     

    目 次

    1章  HL7バージョン2.xとは?
    2章  HL7メッセージを要素に分解
    3章  入院患者のエピソード,手順1:入院メッセージ/ADT
    4章  データタイプの紹介
    5章  MSHセグメント:メッセージヘッダ
    6章  EVNセグメント:イベント情報
    7章  PIDセグメント:患者ID
    8章  PV1セグメント:来院
    9章  OBXセグメント:検査結果
    10章  AL1セグメント:患者のアレルギー
    11章  DG1セグメント:診断
    12章  一般応答メッセージ
    13章  MSAセグメント:メッセージ応答
    14章  ERRセグメント:エラー情報
    15章  入院エピソード,手順2:臨床検査用一般オーダメッセージの使用
    16章  ORCセグメント:オーダ共通情報
    17章  OBRセグメント:検査要求
    18章  オーダ応答メッセージ
    19章  入院患者のエピソード,手順3:検査オーダメッセージの使用
    20章  TQ1セグメント:タイミングと数量の情報
    21章  入院患者のエピソード,手順4:一般オーダメッセージを使用した臨床検査オーダ
    22章  ZDSセグメント:画像の追加識別情報
    23章  入院患者のエピソード,手順5:臨床検査オーダおよび結果メッセージ
    24章  入院患者のエピソード,手順6:患者移動メッセージ
    25章  入院患者のエピソード,手順7:患者の移動取り消しメッセージ
    26章  入院患者のエピソード,手順8:退院予定メッセージ
    27章  入院患者のエピソード,手順9:退院メッセージ

    付録 検査,XML,およびV3
    用語解説(Glossary)
    索 引

    TOP