放射線被ばくの正しい理解 
“放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?

放射線被ばくの正しい理解  “放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?

放射線被ばくの正しい理解 
“放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?

2012年12月3日発行

    著者:荒木 力(山梨大学大学院医学工学総合研究部放射線医学講座教授)

    放射線医学の第一人者が徹底的に検証“放射線被ばく”に関する疑問 完全解答

    東日本大震災に伴う福島第一原発事故以来,放射線と被ばくに関する多くのニュースや見解が飛び交い,国民は混乱状態に陥りました。放射線を扱う専門家でさえ,きちんと理解し説明できるとは言い難い,放射線の作用,単位,被ばく量とその影響,さらには原発・原爆の仕組みまで,あらゆる疑問に答えます。

      書評

      中川恵一 先生(東京大学医学部附属病院放射線科 准教授/緩和ケア診療部部長)

     

    ~ご購入はネットストア,またはお電話でお申し込みください~

    ネットストアはこちら

     

      内容の一部をご覧いただけます
    中身

    【立ち読みPDFダウンロード】

     

    発売元:株式会社 インナービジョン
    〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1
    TEL 03-3818-3502 FAX 03-3818-3522

    体裁:B5判(並製)1色刷り 220頁
    刊行:2012年12月3日
    本体価格:2000円(税別)<送料200円>

    ◆電子ブック 1600円(税込)
    http://www.shinanobook.com/genre/book/2089
    ※電子ブックの立ち読みもできます

     

    目次

    ■第1章 はじめに

    1-1 放射線に関する疑問
    1-2 どこにでもある放射線
    1-3 福島原発事故後の空間 放射線量率の推移(関東)
    1-4 福島原発事故後の空中 放射性同位元素の推移(関東)

    ■第2章 放射線

    2-1 電離放射線
    2-2 放射線の作用
    2-3 ベクレル、グレイ、シーベルト
    2-4 外部被ばくと内部被ばく
    2-5 半減期
    2-6 放射線測定

    ■第3章 放射線被ばく

    3-1 自然放射線
    3-2 1回/分割被ばくと全身/部分被ばく
    3-3 確定的影響と確率的影響
    3-4 高線量被ばく
    3-5 放射線障害の機序
    3-6 低線量被ばく
    3-7 医療被ばく
    3-8 他のリスク要因との比較

    ■第4章 原発、原爆、放射線事故

    4-1 核分裂
    4-2 原子炉
    4-3 チェルノブイリと福島原発事故
    4-4 原子力・放射線事故
    4-5 原子爆弾

    ■Appendix

    ■索 引

      内容の一部をご覧いただけます

    「Q & A 81項目」
    「Episode 34テーマ」

    (立ち読みPDFダウンロード)

     

     

    ■正誤表

    ◎第3章3-8:135P 上から8行目
    誤:寿命が3500日(約10年)
    正:寿命が2250日(約6年)

    ◎第4章4-3,4-4における「放出された放射能」,「放出放射能」,「何十倍という放射能が放出された」などの記述は,それぞれ,「放出された放射性物質の放射能」,「放出放射性物質の放射能」,「放射能に換算して何十倍という放射性物質が放出された」という意味です。

     
    TOP