医療放射線防護の常識・非常識(改訂新版)

医療放射線防護の常識・非常識(改訂新版)

医療放射線防護の常識・非常識(改訂新版)

2011年4月14日発行

    医師,技師,看護師 必携
    医療放射線防護の決定本
    初版後の新しい知見を加え,さらに充実させた改訂新版

    一休さん&かこちゃんの「医療放射線防護の常識・非常識」が大幅に改訂した新版になりました。人気マンガ家・竹宮惠子氏による“医療におけるマンガの効果”などのコラムも追加され,グレードアップしています。ともすれば医療不安の火種となる放射線診療では,正確な知識に裏打ちされた適切な対応がなにより大事です。本書は,医療に携わるすべての人に必要な“常識力”をプレゼント。放射線科専門医試験にも役立ちます。あなたの明日の仕事に生かせる内容がきっと見つかるはずです。

    ~ご購入はネットストア,またはお電話でお申し込みください~

    ネットストアはこちら

     

    編著:
    大野和子(京都医療科学大学医療科学部教授)
    粟井一夫(榊原記念病院放射線科科長補佐 技師長)
    体裁:B5判(並製)2色刷り 214 頁
    刊行:2011年4月14日(初版2007年4月9日発行)
    本体価格:2,500円(税別)<送料200円>

      書評

     

    発売元:株式会社 インナービジョン 
    〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1
    TEL 03-3818-3502 FAX 03-3818-3522

    ◆電子ブック 1800円(税込)
    http://www.shinanobook.com/genre/book/819
    ※電子ブックの立ち読みもできます

    目次

     内容の一部をご覧いただけます

    はじめに

     

     内容の一部をご覧いただけます

    第1章 いま,なぜ医療放射線防護の常識が問われるのか

     

     内容の一部をご覧いただけます

    第2章 いま,医療の現場では

     

    1. IVR
     ● コラム IVRにおいて患者さんの受ける線量を把握する方法
          -面積線量計の利用-(水谷 宏)
    2. CT

     内容の一部をご覧いただけます

     ● コラム CTにおける線量測定法(鈴木 昇一)

     

    3. RI検査(PET検査を含む)の安全管理
     ● コラム 核医学検査における従事者被ばく(林田 昭彦)

    4. 一般撮影
     ● コラム 一般撮影領域の線量測定(富樫 厚彦)
     ● コラム 乳房撮影の線量測定(浅田 恭生)
     ● コラム 作業環境の線量測定法(三田 創吾)

    5. MRI

     内容の一部をご覧いただけます

    第3章 医療放射線を取り巻くさまざまな問題

    1. 妊娠と医療放射線
    2. 患者さんの生殖腺防護
    3. 医療従事者が患者さんからの疑問に答えるとき
    4. 放射線被ばくと副作用の考え方

     内容の一部をご覧いただけます

     ● コラム 放射線の生物学的影響をおさらいしよう(酒井 一夫)

     

     内容の一部をご覧いただけます

    第4章 いろいろな放射線利用と世界の流れ 

    1. 異業種での放射線利用と問題点
    2. 放射線防護の社会的体系について

     

     内容の一部をご覧いただけます

    第5章 医療放射線安全文化の醸成に向けて

     

     内容の一部をご覧いただけます

     ● コラム 医療におけるマンガ(アニメ)の効果と可能性(竹宮 惠子)

     

     内容の一部をご覧いただけます

    【資料編】

    資料1 IVRに伴う放射線皮膚障害の防止に関するガイドライン
    資料2 IVRにおける患者皮膚線量の測定マニュアル
    資料3 LANCET掲載論文をどう受け止めるか
    資料4 小児CTガイドライン —被ばく低減のために—
    資料5 患者さん向け啓発ポスター —妊娠と放射線検査—
    資料6 東日本大震災による福島原発事故への対応

    TOP