HL7 Versuion3 入門
電子カルテのための医療情報標準化規格の理解に向けて

HL7 Versuion3 入門 電子カルテのための医療情報標準化規格の理解に向けて

HL7 Versuion3 入門
電子カルテのための医療情報標準化規格の理解に向けて

2003年11月20日発行

    保健医療分野の標準化規格であるHL7 V3の日本語版入門書がついに完成。

    日本語版HL7 V2シリーズ解説書『HL7:医療情報標準化規格─その概略─』(木村通男 訳)に続く第二弾として,英国HL7協会のメンバーによって書かれた解説書を世界で初めてV3の実装に成功した坂本憲広・神戸大学教授が翻訳。電子カルテ,あるいはポストゲノム時代の電子カルテである「ゲノムカルテ」にも不可欠なHL7 V3を理解するための必読書です。

     

    ~ご購入はネットストア,またはお電話でお申し込みください~

    ネットストアはこちら

     

    監修:木村通男(浜松医科大学附属病院医療情報部教授)
    著者:Andrew Hinchley(HL7 UK)
    訳者:坂本 憲広(神戸大学医学部附属病院医療情報部教授)
    体裁:■ A5判(並製) ■ 108頁
    発行:2003年11月20日
    本体価格:2,000円(税別)<送料200円>
    発行元:株式会社 インナービジョン 
    〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-1
    TEL 03-3818-3502 FAX 03-3818-3522

    主要目次

    ● 第1 章はじめに(Introduction)
     1.1 本書は何について書かれているか
     1.2 本書は誰を対象として書かれているか
     1.3 本書は何を扱っていないか
     1.4 本書の利用の仕方
    ● 第2 章背景(Background)
     2.1 HL7 の組織
     2.2 HL7 の対象範囲
     2.3 HL7 V2 の成功
     2.4 HL7 V3 の必要性
     2.5 HL7 V3 の優位点
    ● 第3章V3方法論の主要概念(The Key Concepts of the V3 Methodology)
    ● 第4 章ストーリーボード(Storyboards)
    ● 第5 章アプリケーションロール(Application Roles)
     5.1 トリガイベント
    ● 第6 章HL7 V3 メッセージの作成 - V3 モデリング手法-
     (Making HL7 V3 Messages -the V3 Modelling Approach -)
     6.1 参照情報モデル(RIM)
      6.1.1 クラス(Classes)
      6.1.2 関連(Associations)
      6.1.3 D-MIM とR-MIM におけるモデル表現
     6.2 制約と詳細化
    ● 第7 章R- MIM とD- MIM(R- MIMs and D- MIMs)
     7.1 詳細化メッセージ情報モデル(R-MIM)の例
     7.2 R-MIM 例におけるクラス
      7.2.1 Act(行為)
      7.2.2 Entity(実体)
      7.2.3 Role(役割)
      7.2.4 Participation(参加)
      7.2.5 ActRelationship(行為間関係)
      7.2.6 非中核クラス(Non-core classes)
    ● 第8 章R- MIM およびD- MIM のさらなる詳細
     (More R- MIM and D- MIM Details)
     8.1 エントリポイント(Entry Point)
     8.2 クローンクラス(Cloned Classes)
     8.3 選択(Choice)
     8.4 成果物の識別(Identifying Artifacts)
    ● 第9 章属性(Attributes)
     9.1 属性規則
     9.2 構造的属性
     9.3 よく用いられる属性
    ● 第10 章ボキャブラリ(Vocabularies)
     10.1 概説
     10.2 HL7 ボキャブラリ表
     10.3 拡張性
    ● 第11 章 CMET : 共通メッセージ要素型
     (CMETs-Common Message Element Types)
    ● 第12 章データ型(Data Types)
     12.1 コード化データ型(Coded Data Type)
     12.2 その他の基本データ型
     12.3 数と測定値
     12.4 名前とアドレス
     12.5 時間
     12.6 汎用コレクション
    ● 第13 章階層型メッセージ記述
     (HMDs - Hierarchical Message Descriptions)
     13.1 HMD グリッド
    ● 第14 章実装技術仕様
     (ITS - Implementation Technology Specification)
     14.1 XML ITS
    ● 第15 章制約と詳細化(Constraints and Refinement)
     15.1 クローン化
     15.2 ボキャブラリ制約
     15.3 属性の出現の詳細化
     15.4 データ型の詳細化
     15.5 CMET 制約
     15.6 明示的に宣言された制約
    ● 第16 章ローカル化(Localization)
    ● 第17 章メッセージラッパー(Message Wrappers)
    ● 第18 章ツール(Tooling)
     18.1 Visio(HL7 テンプレート付)
     18.2 RoseTree
     18.3 公表用ツール
    ● 第19 章参考文献および参考書
     (References and Further Reading)
    ● 第20 章用語集(Glossary)

    TOP