日立,ヘルスケア事業の再編に係る吸収分割契約の締結を発表

2018-2-7

日立製作所


(株)日立製作所(以下,日立)と日立メディカルコンピュータ(株)(以下,日立メディカルコンピュータ)は,2017年11月15日に,ヘルスケア事業拡大に向け,地域包括ケアシステムを支える医療機関や介護事業者へワンストップサービスを提供することを目的として,2018年4月1日付で日立の医療機器事業に関する保守サービスおよび営業・サービス支援部門と電子カルテ事業を日立メディカルコンピュータに集約することを決定し,これらの事業を吸収分割(以下,本会社分割)により,日立メディカルコンピュータに承継することを発表した。

2月7日,本会社分割に係る吸収分割契約(以下,本吸収分割契約)を締結したため,2017年11月15日付のニュースリリースで未定としていた事項などについて発表した。なお,未定としていた事項については当該事項に,記載の一部を変更した事項については当該変更箇所にそれぞれ下線を付している。

●本会社分割の要旨

(1)本会社分割の日程
契約締結日:2018年2月7日
実施予定日(効力発生日):2018年4月1日および7月1日(予定)*
*本会社分割の実施にあたり,複数の吸収分割契約を締結し,医療機器事業に関する保守サービスおよび営業・サービス支援部門ならびに電子カルテ事業に係る労働契約等の承継の効力発生日は2018年4月1日,同事業に関わる資産・契約上の地位の承継の効力発生日は2018年7月1日を予定している。
(注)本会社分割は,日立においては会社法第784条第2項に定める簡易吸収分割であり,日立の株主総会による本吸収分割契約の承認を得ずに行う。

(2)本会社分割の方式
日立を吸収分割会社とし,日立メディカルコンピュータを吸収分割承継会社とする吸収分割。

(3)本会社分割に係る割当ての内容
日立メディカルコンピュータは,2018年4月1日および2018年7月1日を効力発生日とする吸収分割のそれぞれにおいて,普通株式1株を日立に割り当てる。

(4)本会社分割に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する取扱い
日立が発行した新株予約権の取扱いについて,本会社分割による変更はない。日立は新株予約権付社債を発行していない。

(5)本会社分割により増減する資本金
本会社分割による日立の資本金の増減はない。

(6)本会社分割により承継会社が承継する権利義務
日立メディカルコンピュータは,2018年4月1日付で同日を効力発生日とする吸収分割契約に定める日立の現預金,一部の無形固定資産および労働契約を,また,2018年7月1日付で同日を効力発生日とする吸収分割契約に定める日立の動産,知的財産権等,債権債務および契約上の地位,その他一切の権利義務を承継する。

(7)債務履行の見込み
本会社分割において,日立メディカルコンピュータの債務については,履行の見込みに問題ないものと判断している。

2018年4月1日付で,承継会社である日立メディカルコンピュータ(株)は日立ヘルスケアシステムズ(株)への商号変更を予定している。

(1) 名称:日立ヘルスケアシステムズ株式会社
(2) 所在地:東京都品川区西五反田一丁目31番1号
(3) 代表者の役職・氏名:代表取締役社長 伊藤 義文
(4) 事業内容:医科・歯科・調剤向け情報システムの開発、販売および保守サービス
(5) 資本金:325百万円
(6) 決算期:3月31日

 

●問い合わせ先
(株)日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

日立製作所


TOP