インテグラル,超音波検査用ジェル「KONIXウルトラサウンドジェル」発売開始

2017-8-29

超音波


超音波検査用ジェル「KONIXウルトラサウンドジェル」

(株)インテグラルは,本邦で初めて1)防腐剤であるパラベン,メチルクロロイソチアゾリノン(CIT),メチルイソチアゾリノン(MIT)を含まない,turkuaz社製(トルコ共和国)超音波検査用ジェル「KONIXウルトラサウンドジェル」を,2017年9月1日より発売する。

超音波検査では,プローブから発する音波を伝わりやすくする為に,体表に超音波検査用ジェルを塗布するが,そもそも超音波検査用ジェルは直接肌に触れるものであるので,化粧品と共通の成分が多く使われている。その化粧品の成分について,EUでは2014年にパラベン等の使用を禁止する新しい規制2)が実施された。

超音波検査にパラベン等の防腐剤を含まない「KONIXウルトラサウンドジェル」を使用することにより,化学物質に過敏な患者でも,より安全サイドでの超音波検査が実施できることが期待される。また,超音波プローブ表面の劣化防止にも貢献する。

粘度のタイプはレギュラー,ソフトの2種類を用意。検査部位や体位に合わせて使い分けることができる。レギュラータイプは,甲状腺や循環器の検査など垂直面を走査するような検査,ソフトタイプは腹部等広く走査する検査に適している。また,レギュラータイプには,ブルーの着色を施し粘度のタイプを識別しやすくした。

価格については,物流の改善,包装の簡易化等の工夫により,同等品の標準価格より70-80%引き1)での提供が可能となった。

最後に,本邦では超音波検査用ジェルは薬機法非該当品だが,欧米ではClassⅡの医療機器に該当している。「KONIXウルトラサウンドジェル」は,EUのCEマーク,および米国FDAの認可(510(K):K101952)を取得済みのため,医療用消耗品として安心して使用できる。

1) 2017年7月20日時点(同社調べ) 
2) 2014/10/14 Asia Pacific
欧州委員会は2014年4月,化粧品にイソプロピルパラベン,イソブチルパラベン,フェニルパラベン,ベンジルパラベンおよびペンチルパラベンの使用を禁止するEU化粧品規則(EC)No.1223/2009を改正した。
さらに委員会は,使用後洗い流す製品のみに,メチルクロロイソチアゾリノン(CIT)とメチルイソチアゾリノン(MIT)が3:1の比率の混合物を最大濃度0.0015%までの使用制限とすることを決定した。
市場に出回っている新しい化粧品は,2015年4月16日からこの規則を遵守しなければならない。
市場に流通している非準拠の製品は,2015年10月16日には販売停止されなければならない。

 

●標準価格(税別)
250mlボトルタイプ(1箱20本入):6,000円/箱(レギュラー,ソフト共通)
5000ml詰替えタイプ(1箱1袋入,ノズル・空ボトル1本付):3,000円/箱(レギュラー,ソフト共通)

●問い合わせ先
(株)インテグラル
インジェクター事業部
TEL 03-6417-0810
http://www.integral.to

超音波


TOP