東陽テクニカ,血管透過・関心領域自動抽出ソフトウェア「ClearRead CT」販売開始
〜ディープラーニングで胸部CT画像読影を補助〜

2017-1-10

CT

ソフトウエア

東陽テクニカ


(株)東陽テクニカは,独自の画像処理技術を用いた読影支援に強みをもつグローバルカンパニー,Riverain Technologies社(本社:アメリカ オハイオ州,以下 Riverain社)の胸部CT血管透過・関心領域自動抽出ソフトウェア「ClearRead CT」を2017年1月10日より販売する。

「ClearRead CT」は,AIの一手法であるディープラーニングを用いたアルゴリズムにより,胸部CTにおけるAxial(体軸断面)画像から血管影を透過させて病変を見やすくするとともに,病変が疑われる関心領域を自動抽出するソフトウェア。

胸部CTのAxial(体軸断面)画像(左図)から,「ClearRead CT」により血管を 透過させた血管透過画像を生成し,病変が疑われる関心領域を自動抽出(右図)。

胸部CTのAxial(体軸断面)画像(左図)から,「ClearRead CT」により血管を 透過させた血管透過画像を生成し,病変が疑われる関心領域を自動抽出(右図)。

 

日本における悪性腫瘍による死亡の第1位は肺がんである。5年生存率も非常に低く,早期発見が重要。早期発見の一つの方法として,任意型検診による肺がんCT検診の取り組みがあり,現在一般的に実施されている単純X線による検診と比較して,肺がん発見率は約10倍高いことが報告されている。このような背景からCT検診の需要は年々高まっており,それに伴い検診におけるCTの読影件数は大幅に増加している。CT画像から僅かな病変を検出する読影業務には豊富な知識と経験が求められるが,その一方で,放射線専門医および呼吸器専門医の数は年々減少しており,限られた数の医師で膨大な数の胸部CT画像診断を行わなくてはならないため,病変の見落としの防止や読影時の心的負担を軽減する技術の必要性が高まっている。

胸部CT血管透過・関心領域自動抽出ソフトウェア「ClearRead CT」は,ディープラーニングを用いた最先端アルゴリズムにより,胸部CT画像の大部分を占める肺野内の血管を正確に透過し病変の視認性を向上させるとともに,病変が疑われる充実型※1,一部充実型,さらにすりガラス型※2 といったあらゆるタイプの結節を自動で抽出し,その体積や大きさ,濃度を表示する。これらのユニークな技術により,読影精度の向上や読影時間の短縮,病変の見落とし防止など,読影する医師をサポートするとともに,経営者のリスクマネジメントに寄与する。

●ClearRead CTの特長

  • CT画像における肺組織の視認性を向上させる血管透過処理画像を生成
  • 疑わしい結節を自動で抽出し,レポートを生成
  • 国内外のあらゆるCT 装置で撮影された画像に対応
  • CT画像上の病変の見落とし防止,気づきを促進
  • 読影時の医師の心的負担を軽減
  • 経営者のリスクマネジメントに貢献

 

※1 病変部のうち,濃度が高い結節影のこと。
※2 病変部のうち,淡い結節影のこと。

 

●問い合わせ先
(株)東陽テクニカ
メディカルシステム営業部 大平直隆
TEL 03-3245-1351(直通)
E-mail:medical@toyo.co.jp
「ClearRead CT」製品ページ:
http://www.toyo.co.jp/medical/products/detail/clearread-ct.html

CT

ソフトウエア

東陽テクニカ


TOP