バイエル薬品,骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌治療薬「ゾーフィゴ®静注」を発売

2016-6-1

医薬品


ゾーフィゴ静注

ゾーフィゴ®静注

バイエル薬品(株)は,6月1日,骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌の治療薬「ゾーフィゴ®静注」(一般名:塩化ラジウム-223,以下,ゾーフィゴ®)を発売した。

ゾーフィゴ®は,日本で初めてのアルファ線を放出する放射性医薬品で,骨転移巣に対して抗腫瘍効果を発揮する。ゾーフィゴ®は,国際共同第III相試験において,骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌患者さんの全生存期間を有意に延長することが確認された。2013年にEUおよび米国で発売以来,ゾーフィゴ®は世界40カ国以上で使用されており,安全性と有効性が確認されている。

前立腺癌は日本でも増加しており,2015年の発表によると,2011年に日本において新たに前立腺癌と診断された男性の患者数は,肺癌を抜いて胃癌に続き第2位となり,約78,700例と推計されている*。
去勢抵抗性前立腺癌の大半は骨転移を発症し,疲労や衰弱など日常生活に支障を来す症状が表れることから骨転移の治療が重要となる。

ゾーフィゴ® の販売にあたり,バイエル薬品は日本メジフィジックス(株)との間で,日本国内におけるゾーフィゴ®の流通や営業支援に関連するサービス契約を締結している。バイエル薬品はゾーフィゴ®の提供を通し,前立腺癌患者さんの治療に新たな選択肢を提供することで,生命予後の改善ならびに患者さんの生活の質(QOL)向上に貢献していく。

*: 「がんの統計’15: がん登録・統計」 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターより

 

●問い合わせ先
バイエル薬品(株)
医療用医薬品部門 製品広報
TEL 06-6133-7333
www.bayer.co.jp/byl

医薬品


TOP