富士通,介護サービス事業者向け業務支援システム「HOPE LifeMark-WINCARE」販売開始
〜スマートデバイスの活用により,情報共有と介護記録業務時間を短縮〜

2016-2-25

医療情報システム(電子カルテ)

富士通


システムのイメージ

システムのイメージ

富士通(株)は,介護サービス事業者向け業務支援システム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-WINCARE(ホープ ライフマーク ウインケア)」(以下,「HOPE LifeMark-WINCARE」)を2月29日より販売する。

本製品は,同社がこれまで提供してきた介護サービス事業者向け業務支援システムに,任意の医療機関や自治体,訪問看護事業者などとのSNS形式の情報共有機能や,介護施設内での正確な情報共有を効率的に実現する掲示板機能,スマートデバイスで,いつでも,どこでも,介護スケジュールや介護記録(注1)の入力・参照が可能なスマートデバイスオプション機能などが追加されている。

これにより,介護職員は掲示板を見ることで,要介護者1人ひとりの容体や介護サービススケジュールなどを,より正確に把握できる。また,介護現場でスマートデバイスを使って要介護者の容態や行動を即座にシステム入力でき,情報共有機能を利用し,その場で要介護者を担当する医師や看護師の専門的なアドバイスを求めることも可能。現場で情報入力できるため,記録業務時間を短縮でき,従来よりも介護サービスに注力できる。

同社は,今後,医療機関の電子カルテシステムや自治体の介護保険システムなどとの情報連携機能を強化し,介護サービス事業者,病院,自治体などが一体となって地域の高齢者を支える地域包括ケアシステムの実現に貢献することを目指す。

●「HOPE LifeMark-WINCARE」の特長

1.病院,自治体など多職種間での情報共有機能≪新機能≫

本製品を導入する介護サービス事業者は,任意の病院の医師やスタッフ,看護師,自治体職員などに専用のIDを提供し,そのID保有者間でSNS形式の情報共有が可能。(2016年4月提供開始予定)

本製品のWebサイトから情報共有機能にログインし,専門医から病状への対応や服薬の効果説明などの助言を受けたり,自治体職員に介護保険の申請手続きについて相談したりと,様々な活用が可能である。

2.必要な情報がワンストップで確認できる掲示板機能≪新機能≫

介護サービスにおいて必要となるスケジュールや介護記録,スタッフ間の連絡事項などの各種情報を俯瞰できる。
また,事務員や介護職員などの職員ごとに,頻繁に参照する項目を画面トップに配置するというような,画面レイアウトのカスタマイズが可能である。

3.いつでも,どこでも,現場で即座に介護記録が可能なスマートデバイスオプション機能≪新機能≫

従来,介護職員は,介護施設の事務所に立ち寄り,その日の介護スケジュールや連絡事項を確認してから介護施設内や要介護者宅などの介護現場に向かい,介護が終了すると介護施設に戻り,パソコンでその日の介護記録を入力する必要があった。

本製品では,スマートデバイスを利用可能な機能を拡大し,ネットワーク接続が可能であれば,いつでも,どこでも,介護スケジュールや介護記録の入力・参照が可能になった。介護をしながらその場で要介護者の容態やバイタル情報,実施したサービス内容などをシステム入力できる。

また,介護プランニングのプロセスでも,ケアマネージャーが作成した介護プラン案をスマートデバイスを使って要介護者やその家族に見せながら一緒に検討し,その場で介護プラン案を修正できる。

さらに,2000年の介護保険制度施行以来,同社が1万カ所以上の介護事業所に業務支援システムを提供し,蓄積してきたノウハウを活かし,介護システムに入力される頻度の高い文章を定型文として搭載しているほか,介護職員が使いやすいように本システムの画面レイアウトを変更できるカスタマイズ機能や,介護スケジュールと連動したアラーム機能なども搭載している。

なお,本製品を利用するスマートデバイスには,要介護者の情報などのデータを蓄積しない仕組みになっている。また,スマートデバイスと介護施設内のシステムを同社のリモートアクセスサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSⅡ(フジツウ マネージド インフラストラクチャー サービス フェニックス ツー) ユニバーサルコネクト」でVPN接続し,高度なセキュリティ対策により24時間365日運用管理を行っている同社データセンター内の認証機構で利用者認証を行った後,介護施設内のシステムにアクセスする。

これにより,盗難や紛失による情報漏えいの心配がなく,訪問介護先でも安心して介護記録の参照・入力が可能である。

注1 介護記録:
要介護者の行動や容態などの状態,提供した介護サービスの内容など。要介護者が病気療養中や体調不良の場合は体温・脈拍・血圧などを記録することもある。介護サービス事業者により異なる。

 

●問い合わせ先
富士通(株)
公共・地域営業グループ ヘルスケアビジネス推進統括部
第三ヘルスケアビジネス推進部
TEL 03-6252-2502(直通)
受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
http://www.fujitsu.com/jp/

医療情報システム(電子カルテ)

富士通


TOP