放射線診断物理学(Diagnostic Medical Physics) 発刊
編著:松本政雄(大阪大学大学院医学系研究科) 監修:日本医学物理学会

2018-4-16


放射線診断物理学(Diagnostic Medical Physics)

放射線診断物理学を理解するために必要な基礎的知識と最新の診断技術を解説

日本医学物理学会監修の医学物理学の教科書シリーズは現在,全7巻のうち5巻を刊行しています。第4巻にあたる『放射線診断物理学』(2017年3月刊行)は,X線検査,CT,MRI,超音波検査の動作原理と基礎物理を解説しており,放射線領域で画像を扱う研究者や医療技術者をはじめ,診療放射線技師やメーカー技術者に必須の内容となっています。多くの画像関係の技術書とは一線を画し,大学院レベルの基礎事項をできるだけわかりやすく解説しています。

第1章 X線撮影・透視
  第1節 X線の原理と特性
  第2節 X線画像の形成
  第3節 X線画像の画質とQA/QC
  第4節 X線管装置と付属器具
  第5節 X線高電圧装置
  第6節 画像センサと表示装置
  第7節 一般X線撮影装置
  第8節 乳房用X線撮影装置
  第9節 X線透視撮影装置
  第10節 CAD
  第11節 放射光イメージング
第2章 X線CT
  第1節 X線CTの原理と歴史
  第2節 X線CTの画像形成
  第3節 3次元X線CTの画像形成
  第4節 最近の逐次近似再構成法
  第5節 トモシンセシスの画像再構成
  第6節 X線CTの画像処理
  第7節 X線CT装置の構成
  第8節 ヘリカルスキャン
  第9節 マルチスライスCT
  第10節 その他のスキャン方式
  第11節 X線CTの画質とQA/QC
  第12節 アーチファクト
第3章 磁気共鳴画像法
  第1節 核磁気共鳴(NMR)の原理
  第2節 MRIの画像形成
  第3節 MRI装置
  第4節 MRI撮像法
  第5節 抑制技術とMRI造影剤
  第6節 パラレルイメージング
  第7節 MRIの画質とQA/QC
  第8節 アーチファクト
  第9節 MRS
  第10節 fMRI
  第11節 MRIの安全性
第4章 超音波
  第1節 超音波の生体特性
  第2節 超音波の画像形成
  第3節 超音波診断装置
  第4節 アーチファクト
  第5節 プローブと臨床応用
  第6節 超音波診断装置の安全性と保守

<日本医学物理学会編集代表者>
遠藤 真広(公益財団法人 医用原子力技術研究振興財団 常務理事)

価格:7182円(税込)

発行:(株)国際文献社 
   〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
   TEL 03-3362-9741
   https://www.bunken.co.jp/item/3260/

体裁:B5判/並製/1色刷り/390ページ


TOP