ShadeQuest/ViewAir(横河医療ソリューションズ)
モバイルデバイスを活用したゼロフットプリント画像ビューア

2016-7-1

横河医療ソリューションズ

クラウド・地域連携


横河医療ソリューションズの製品ラインアップ

横河医療ソリューションズは,放射線部門を中心として医療従事者を支援するソリューションをご提供しています。PACSをはじめ,RIS,治療RISなど放射線総合システムベンダーとして大学病院・地域中核病院様を中心に多くの病院様に選ばれています。

製品ラインアップ
・画像情報統合サーバ
 ShadeQuest/Serv
・画像診断ワークステーション
 ShadeQuest/ViewR-DG
・所見レポート作成システム
 ShadeQuest/Report
・ゼロフットプリント画像ビューア
 ShadeQuest/ViewAir*1
・クラウド型医用画像総合管理
 ShadeQuest/Unlimited
・放射線部門業務システム(RIS)
 ShadeQuest/RIS
・検像システム
 ShadeQuest/Kenzo
・放射線治療部門情報システム(治療RIS)
 ShadeQuest/TheraRIS
・放射線治療画像ビューア(RTビューア)
 ShadeQuest/ViewRT
・医療情報統合マネジメントシステム
 ShadeQuest/Monolith

ShadeQuest/ViewAirのご紹介

院内の情報システムが普及・進化したことにより,画像情報は従来と比較してより幅広く活用されるようになりました。同じ画像を見ながらの意見交換や他科・他院の医師に意見を求める場合など,情報の交換・共有においては,居場所を選ばないモバイルデバイスが有効です。
ShadeQuest/ViewAirは,モバイルデバイスを活用した画像情報の共有を実現し,多忙な医療従事者を支援します。

1.特 徴

  • ゼロフットプリント対応型なので,閲覧データのコピーや移動,保存,ダウンロードを行いません。データがデバイスに残らず,高いセキュリティを実現しています。院外での利活用も考慮して匿名化への対応も標準装備しています。
  • 直感的なユーザーインターフェースで画面を構成,検索や画像の展開が簡単に行えるなど,優れた操作性を有しています。
  • 2D,簡易3D,MIP/MPR表示など,多彩な画像処理機能を搭載し,モバイル環境下でも高度な画像参照が可能です(図1)。独自開発のプロトコールにより,ストレスを感じさせない高速処理を実現しています。
  • コミュニケーション機能によりオンライン・オフラインで利用者間での画像共有が可能です。

 

図1 ShadeQuest/ViewAirによる画像情報の共有

図1 ShadeQuest/ViewAirによる画像情報の共有

 

2.活用例(図2)

  • 院内の無線LANを利用して,病室で患者さんへの状態説明などに利用できます。
  • VPNなどのセキュアリモートアクセスサービスを利用して,学会や派遣先施設への出張時,帰宅後でも,医療従事者からの相談に応えることができます。
  • クリニックなど,地域における連携医療機関へ導入することで,画像情報を共有できる環境が構築できます。
  • 症例データとの連携で,研修医の教育用途として活用できます。

 

図2 ShadeQuest/ViewAirの活用シーン

図2 ShadeQuest/ViewAirの活用シーン

 

これからの製品づくり

医療施設において部門ごとに発展してきた情報システムは,より有効なデータの共有・活用をめざして,連携・統合へと進んでいます。横河医療ソリューションズは,これまで以上に診療情報との連携を強化し,放射線部門からの情報発信を通じて,医療施設における情報の有効活用を支援してまいります。

*1 ShadeQuest/ViewAirは医療機器ではありません。診断,治療を目的とした利用は行わないでください。

 

●お問い合わせ先
横河医療ソリューションズ株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-30-16 藤澤ビルディング
TEL 03-6383-6272
URL http://www.yokogawa.com/jp-mis

横河医療ソリューションズ

クラウド・地域連携


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
(ITvision No. 34 / 2016年7月号)
ヘルスケアIT展(医療ITのバーチャル展示会)
    TOP