Clinical Collaboration Platform(ケアストリームヘルス)
院内のさまざまな情報に素早くアクセス

2016-7-1

ケアストリームヘルス

クラウド・地域連携


CCP

ケアストリームが提案する新プラットフォームCCP(Clinical Collaboration Platform)は,当社が以前から提案していたPACS・クラウドのソリューションを患者様中心の発想に基づき,将来的に設備投資コストメリットがあるようにデータを一元化します(図1)。VNAのコンセプトを忠実に体現し,無駄を省き,効率の良いシステム構築をめざします。放射線部門のアーカイブだけではなく病院内の各部門を統合化し,患者様中心の統合アーカイブ(Vue Explorer:ゼロフットプリント型統合アーカイブシステム)の構築を行います。大規模病院から中小規模病院まで必要なソリューションを予算に応じて提供します。

図1 CCP(Clinical Collaboration Platform)

図1 CCP(Clinical Collaboration Platform)

 

CCPにより実現すること

(1) 複雑化しているサーバ群(放射線科を含む各部門)を一つに集約することで管理や検索が容易
(2) 皮膚科や病理で発生するデータを患者様ごとに関連付けて管理
これらは一例ですが,院内での各職種間のコラボレーションが実現します。

Vue PACS

検査をロードした時点で自動位置合わせにより,過去のMRI・CT・PET検査との三次元的な位置合わせが可能です。ビューア上でのMPR機能により病変を正確に把握し,過去との比較や継時的な変化の確認が一瞬にして実現。「固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン(RECISTガイドライン)」対応の病変管理システムも提供し,医師の判断や処方をサポート(図2)。

図2 Vue PACS

図2 Vue PACS

 

Vue Motion(ゼロフットプリントビューア)

OSを問わず,ブラウザのみで動作可能(図3)。MPR機能と位置合わせ機能を搭載しており,病院での院内配信にも利用でき,管理や操作が簡単なので導入も容易。

図3 Vue Motion

図3 Vue Motion

 

クラウド

外部保存・データ共有・地域連携・在宅医療など院外への診療データの提供を可能にし,患者様のデータを安全に管理して,有効に利用できる基盤。心電図や病理画像各種データの保管も可能な統合アーカイブ型のクラウド。

 

●お問い合わせ先
ケアストリームヘルス株式会社 HCIS事業統括部
〒135-0041 東京都江東区冬木11-17 イシマビル
TEL 03-5646-2500
URL www.carestream.jp

ケアストリームヘルス

クラウド・地域連携


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
(ITvision No. 34 / 2016年7月号)
ヘルスケアIT展(医療ITのバーチャル展示会)
    TOP