おとわ内科・脳神経外科クリニック × Hi-SEED(日立メディカルコンピュータ)
電子カルテを中心にした診療情報の統合・管理で効率的な業務フローを確立

2009-12-2


おとわ内科・脳神経外科クリニック

診療科目:内科・神経内科・外科・脳神経外科

2008年7月に開院したおとわ内科・脳神経外科クリニックでは,大学病院などで長年脳神経外科疾患の診断と治療に取り組んできた川又達朗院長が診療にあたる。専門の脳神経外科のほか,生活習慣病を含めた内科の診療にも力を入れる同クリニックでは,限られたスペースを有効活用するため,日立メディカルコンピュータの電子カルテHi-SEEDとPACSを導入。CTやX線撮影装置などの画像や検査データを一元的に統合・管理できるようにし,開院と同時にフィルムレス運用を行っている。

川又達朗院長

●川又達朗院長の電子カルテ選定のポイント

  • 信頼できるサポート体制
  • 電子カルテで診療情報すべてを統合・管理できる連携機能
  • 画像診断装置と電子カルテを日立ブランドでそろえられるメーカーの総合力への期待
  • システムの堅牢性

 

●おとわ内科・脳神経外科クリニックのレイアウト

レイアウト

 

●電子カルテを中心とした診療情報の統合・管理環境

【1F:受付】

受付

(1) 初診の患者さんが来院すると,まず問診票を記入し,2Fの診察室で診察を受ける。受付にはHi-SEEDが設置されており,問診内容については,事務スタッフが診察終了後に問診票をスキャンして電子カルテに取り込んでいる。スキャンし終えた問診票の紙は破棄して保管スペースをとらないよう工夫している。


 

【2F:診察室】

診察室

(2) 右側がHi-SEEDのモニタで,左側がPACSの高精細モニタ。診察を受けた患者さんで,CTやX線撮影検査が必要な場合は,3Fで検査を受ける。検査終了後に患者さんが診察室に戻ると,電子カルテから高精細モニタに検査画像を呼び出して結果説明を行う。MRI検査については,画像支援クリニックに依頼しており,検査結果は送られてきたCDから直接PACSに取り込んでいる。


 

【2F:処置室】

処置室

(3) 心電計や骨密度測定装置などが設置されている。また,電子カルテを参照するためのノートPC(写真右)が設置されている。これは,3Fの予備の診察室の電子カルテ端末をモニターしており,主に看護師が患者さんの状況を確認するために使用している。


【3F:CT・X線撮影室】

CT・X線撮影室

(4) CT・X線撮影室には,日立メディコのCTとX線撮影装置が設置されている。CT画像は,1画像あたり約1秒でPACSに送信され,フィルムのように待たされることがない。


 

【3F:操作室】

操作室

(5) 操作室のCR。X線撮影の場合,CRと電子カルテが連携しており,CRコンソールに患者IDを入力すると患者情報が表示されるので,撮影後は,その情報に基づいてカセッテを読み取りPACSに画像を送信する。


 

【3F:予備の診察室】

予備の診察室

(6) Hi-SEEDのモニタ1面とPACSの高精細モニタ1面が設置されている。患者さんの状態によって,通常2Fに移動して行う検査結果の説明をこの部屋で行うこともある。


 

【Hi-SEED画面】

Hi-SEED画面

1画面に診療履歴,過去カルテ,今回カルテなどの必要な情報が集約しているため,画面展開することなくスムーズな操作が可能。川又院長は,診療履歴の表示(a)と,シードパネル(b)機能の使いやすさを高く評価している。診療履歴の表示では,投薬,検体検査,画像診断などの項目が時系列で配置されており,それぞれのマークをクリックするだけで検査結果や画像が表示される。また,シードパネルは,投薬の種類などがセットになったパネルが複数用意されているもので,必要な内容をワンクリックでカルテに反映することができる。パネルの内容は,使用者ごとに容易にカスタマイズが可能である。

(ITvision No.19より転載)

〒112-0013
東京都文京区音羽1-5-17
TEL 03-6662-7755
http://www.otowa-c.com/

製品の詳細は日立メディカルコンピュータ株式会社 へ。
さらに詳しい見学会はメディプラザ へ。


TOP