Vantage Elan™ / Zen Edition

東芝メディカルシステムズ

MRI 1.5T 超伝導型

高画質とコンパクトを両立した次世代MRI
Pianissimo™ Zenにより,快適な検査環境を実現

Vantage Elan / Zen Edition

クラス最小の撮影室面積や低ランニングコストはそのままに,新製品では最大99%*1の静音効果を実現する静音化技術「Pianissimo Zen」を搭載。快適な検査環境を実現します。また,多様化した新たな臨床ニーズにも幅広く対応するため,当社3テスラMRI装置Vantage Galan™ 3Tに搭載しているハイエンドの最新アプリケーションを新たに搭載し,検査効率の向上を図ります。
*1 当社調べ,使用条件,撮像条件による

メーカーページへ

特長<1>
Pianissimo Zenで実現する,より静かで快適な検査環境
ハードウェア静音機構Pianissimo∑に加え,静音シーケンス”mUTE*1”を用いて,傾斜磁場の振動を抑制。検査時の騒音を最大99%*2低減し,クラス最小の検査音を実現しました。

Pianissimo Zenで実現する,より静かで快適な検査環境

 

*1 mUTE: minimized acoustic noise utilizing UTE
*2 当社調べ,使用条件,撮像条件による

 

特長<2>
優れた磁場均一性が,画像周辺部までクリアに描出
高画質の核となる静磁場マグネットは,磁場均一性に優れたAdvanced Magnet systemを採用。広い撮像領域,均一な脂肪抑制を実現します。

優れた磁場均一性が,画像周辺部までクリアに描出

 

特長<3>
コイル受信時に混入する電子ノイズを低減
MRIシステム自体が発生する電子ノイズは,MR信号と共に受信され,SNR低下の原因となります。Vantage Elan / Zen Editionでは,PURERF Rxにより,電子ノイズの発生を元から抑制します。 

コイル受信時に混入する電子ノイズを低減

 

特長<4>
より高度な検査に対応する最新アプリケーション
Vantage Galan 3Tで好評のmUTE 4D-MRA,腹部検査対応の横隔膜同期,整形分野での活用が期待されるUTEなど,ハイエンドのアプリケーションを多数搭載しました。

より高度な検査に対応する最新アプリケーション

 

特長<5>
生体構造認識技術による,撮像アシスト機能を搭載
MRIの使いやすさを向上させるため,操作を支援するEasyTechを搭載,新しく搭載された「SUREVOI™」では,心臓検査における様々な設定を,生体構造の認識技術を用いて装置が自動で設定し,撮像をアシストします。

生体構造認識技術による,撮像アシスト機能を搭載

 

特長<6>
クラストップレベル定格電力25kVAを達成
とくに消費電力が大きい傾斜磁場系の最適化,電子部品の集約,改善などを進め,大幅な消費電力削減を実現。ランニングコストに大きな差がでます。

クラストップレベル定格電力25kVAを達成

・磁石架台
  1.5T 超短軸超電導マグネット
  操作パネル:前面左右2箇所
  静音化機構:PianissimoΣ
  ECOモード搭載
・寝台
  リモート操作可能
  撮影連動移動可能
  最低高45cm
・コントローラ
  M-Power™
  コントロールパッド
  双方向インターコム
・各種キャビネット
・冷凍機システム
・ほか

・マグネット長:1,400 mm
・静音化機構 Pianissimo™Σ 機構搭載
・シーケンス SE,FE,IR,FastSE,FastFE,FastIR,FASE,EPI,TrueSSFP など
・最大FOV 55 cm
・わかりやすい操作性プラットフォーム M-Power™
・日本語ユーザーインターフェース
・各種言語対応オートボイス機能(編集可能)

代表的なオプション
RFコイル関連
・Octave SPEEDER ヘッド
・Octave SPEEDER スパイン
・フレキシブルSPEEDER

ソフトウェア関連
同期撮像関連
ネットワーク関連

代表的なアプリケーション
・mUTE 4D-MRA
 一度のスキャンで複数の時相を取得し,血流の流れを非造影にて描出。また,高速な傾斜磁場の切り替えを低減することで静音化を実現
・UTE (Ultra-Short TE)
 非常に短いTEにより,従来描出困難であったT2*値の短い組織を描出する事が可能
SUREVOI / Cardiac
 心臓検査における様々な設定を,生体構造の認識技術を用いて装置が自動で設定,撮像をアシスト
・2D-RMC
 呼吸運動に付随した動きを横隔膜の動きから推定,補正することで,呼吸による位置ずれを補償
・FSBB:Flow Sensitive Black Blood
 MPGパルスで血流をBlackBloodに描出し,磁化率強調 + 微細血管を描出
・HOP-MRA:Hybrid of Opposite-Contrast MRA
 TOF + FSBB(白黒反転)により,末梢血管まで鮮明に描出
・CSF dynamics imaging
 脳脊髄液の動態観察が,非造影で検査可能。術前・術後のフォローにも有用
・Enhanced Fat Free
 2つのパルスにより抑制ムラを低減した脂肪抑制法
・非造影MRアンギオグラフィ
 Flow-spoiled FBI,Time-SLIPなど充実した各種アプリケーションを搭載
・DelayTracker
 被検者に合わせた最適な撮像条件の非造影MRAが,MRIの習熟度によらず
  撮像可能
・CardioLine+(心臓位置決めアシスト機能)
 心臓MRIの煩雑な位置決め作業を解消。検査時間を短縮し被検者の負担を軽減
・NeuroLine+(頭部位置決めアシスト機能)
 脳の形状を自動計測して解析。正中3断面及び任意のオブリーク3断面の自動生成
・SpineLine(椎体,椎間板位置決めアシスト機能)
 椎体,椎間板の形状を自動測定して解析。3次元の情報を元に,椎間板断面の自動設定を行う
・VAT:View Angle Tilting
 金属由来のような磁化率の大きい箇所のアーティファクトを低減

*オプション内容を含みます

・地域密着型サービスネットワーク
 69箇所の拠点,約1,000名の常駐サービスエンジニアによる充実したサービス体制
・InnerVision™ Plus
 故障の予知や迅速的確な対応の備えを可能にする24時間稼動遠隔オンラインメンテナンスシステム*
・TAC(Technical Assistance Center)サポート*
 故障時にはサービスコールセンタ常駐の専任担当者が迅速的確な対応を行います
 ・充実したアプリケーションフォロー体制*
 現地常駐アプリケーションスペシャリストの訪問フォローに加え,専用コールセンタ常駐のスペシャリストから遠隔の撮影指導やアドバイスが受けられます
 ・MRアプリケーションWebサポート*
 臨床知識から最新トピックスまで,幅広く知識を吸収できる会員制専用Webサイトによって情報提供が受けられます

*各サポートについては保守契約オプションの確認が必要です。

●お問い合わせ先 
東芝メディカルシステムズ株式会社
栃木県大田原市下石上1385番地
TEL 0287-26-5100
http://www.toshiba-medical.co.jp/
担当部署:広報室


TOP