CEエビデンスシステム

根本杏林堂

造影情報管理システム

医療情報システムとの連携による安全な造影剤投与をサポート

CEエビデンスシステム
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

医療情報システムとの連携により,注入を実施する前に必要とされる各種プロファイル情報を取得し,造影剤注入器のコンソール上で,様々な安全確認やパラメーターのプロトコールへの展開を可能にします。また,ICタグ情報の取り込みによって,投与時に使用された造影剤の情報を付加して,総合的な造影剤投与の情報を一元管理して各システムに配信可能です。これにより,検査開始前から検査後の情報の管理まですべての造影剤投与情報を管理可能になりました。

メーカーページへ

CEエビデンスシステムはRISから取得した患者情報に,安全管理のための副作用歴や腎機能測定値,検査依頼医からの使用造影剤の処方といった情報連携による安全管理に加え,投与結果情報や使用した造影剤情報の自動保存が可能です。

CEエビデンスシステム

詳細に関しては担当者にお問い合わせください。

対応装置

DualshotGX7,SonicShot7に対応

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
株式会社根本杏林堂 
東京都文京区本郷2-27-20
TEL 03-3818-3541
FAX 03-3818-3684
http://www.nemoto-do.co.jp


TOP