乳腺バイオプシー装置 Affirm Prone Biopsy System

ホロジックジャパン

マンモグラフィ デジタル(FPD) バイオプシー

世界初 腹臥位式2D&3Dガイド下乳腺バイオプシーシステム

乳腺バイオプシー装置 Affirm Prone Biopsy System
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

95%以上の被検者がAffirm® Prone Biopsy Systemの方が早く,快適で,苦痛も少ないと報告しています*1。システムは被検者の快適さを最大限に考えて設計されました。 生検針の可視化を排除し,被検者のストレスを軽減することで臨床医は病変を迅速に特定し,圧迫時間を短縮することができます。また360度どこからでも乳房にアプローチが可能となったことで,効率的に処置が行えます。腹臥位での検査により,被検者の視界に検査プロセスが入ることなくバイオプシーが実施できます。
*1 Based on a survey of 165 patients post-procedure at 3 hospitals

メーカーページへ

特長<1>
2D 及び3D™イメージングを使用した初めての乳腺バイオプシー装置
このAffirm® Prone Biopsy Systemの最大の特徴は70μmの直接変換型FPDを搭載したことです。トモシンセシスで検出された微細な石灰化や腫瘤をバイオプシー実施時に描出します。2Dまたはトモシンセシス(3D™)イメージングは,多くの組織を視覚化し,病変や石灰化を特定することができるシステムです。

 

特長<2>
自動化により効率的なワークフローを実現
プログラミングされた針パラメータ,ワンクリックターゲッティングを備えているため効率的に生検が行えます。
また,検査時のターゲットと針の位置関係をリアルタイムに確認することで,スムーズな検査が可能となります。多くの検査ステップを自動化することで,より短時間で検査を終了し被検者だけでなく術者の負担も軽減することに繋がると期待されます。

 

特長<3>
ターゲティングが困難な病変部位にも容易にアクセス可能
360°アクセスが可能となりターゲティング困難な病変へのアクセスが改善されました。システムは,被検者の位置を変えることなく数秒で短軸から長軸方向のアプローチに切り替えることができます。独立して回転する生検アームとCアームは180度回転し,寝台上の被検者の頭と足の位置を変更することで乳房に対して360度のアプローチが可能です。従来のVertical方向からのアプローチに加え,新たにLateral方向からのアプローチも追加されたことにより多様なアプローチ方向を提案可能になりました。

ターゲティングが困難な病変部位にも容易にアクセス可能

患者プラットフォームワークステーション
高電圧ジェネレーター
付属品
 ・フットスイッチ
 ・アームレスト
 ・圧迫パドル
 ・コンフォートパッケージ

・回転 180°
・SID 80cm
・タイプ 直接変換方式
・材質 アモルファスセレン
・受像器サイズ 33cm × 21.5cm
・ピクセルサイズ 70μm
・陽極タイプ タングステン

・各種の保守プランを準備させて頂いております。
・詳細についてはお問合せください。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
ホロジックジャパン株式会社
マーケティング本部 
〒112-0004
東京都文京区後楽1-4-25 日教販ビル
TEL 03-5804-2340
http://hologic.co.jp/


TOP