胃部集団検診X線システム ESPACIO AVANT

日立製作所

X線TVシステム デジタル(FPD)

日立のソリューションは検診を新たなステージへと導きます。

胃部集団検診X線システム ESPACIO AVANT
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

日立の技術は検診診断装置にもFPDを搭載可能に。新たな検診の可能性をご提案します。ESPACIO AVANTは,検診装置でありながら,大病院・基幹病院にて採用されているFPDを新たに搭載しています。コンパクトな形状によって省スペース化と操作性の向上を実現し,術者にも受診者にもやさしい検診を提供します。

メーカーページへ

特長<1>
画像処理エンジン「FAiCE-V NEXT STAGE1」
日立が独自に開発した画像処理エンジン「FAiCE-V NEXT STAGE1」。高画質化を生み出し,低被ばくを実現します。さらなる視認性の向上,細部の明瞭化など,透視画像を高精細に描き出します。

 

特長<2>
直感的操作感
技師の思いのままに,筐体と一体化したGUIが直感的な操作で,実務をサポートします。
明るい画面と見やすく大きな「One touch」ボタンは,直感的な操作を可能にします。
アップダウンキー操作に代わり,ダイヤル操作で素早く透視/撮影条件を設定することができます。また,タッチ画面の操作部をダイヤルの周辺に配置することで,素早く直感的なアクセスを可能にします。術者の体格や姿勢に合わせ,角度調整が可能。術者の負担を軽減します。

 

特長<3>
逆起倒タイプ(オプション)
天板の『起き上がり』方向を,左右両タイプからお選びいただけます。逆起倒タイプは,据置き専用の透視撮影台と天板の起き上がり方向が同じで,起倒操作の統一性が図れます。システムのレイアウトに合わせた天板の『起き上がり』タイプを選んでいただくことができ,お客様のニーズに沿って柔軟にレイアウトを提案します。

 

特長<4>
大容量ファイル転送サービス(オプション)
従来の外部メディアを利用した行程は,検診施設に持ち帰るまでに時間を要する上,外部メディアの紛失による情報漏えいリスクがありました。日立は独自の高速ファイル転送技術「Hitachi WAN Optimizer」を搭載したゲートウェイを活用し,ESPACIO AVANTで撮影した医用画像を検診車からクラウドへ自動で高速転送し,検診施設で即座に利用可能な新たなサービスを提供します。

(1)透視撮影台
 <1>または<2>どちらかの組合せになります。
 <1>透視撮影台(標準)<2>透視撮影台2(勝手違い:オプション)
  ・X線管装置
  ・X線可動絞り
  ・X線グリッド
  ・幅広天板
  ・手動肩当て
  ・被検者用握り棒
  ・サイドガード
  ・圧迫装置
  ・バリウムコップ受け
(2)X線高電圧装置
  ・X線制御装置
  ・高電圧発生装置
(3)遠隔操作卓
  ・操作盤
  ・操作パネル
  ・フットスイッチ
  ・画像処理ユニット
  ・フラットパネルディテクタ
  ・モニタ

■透視撮影台 天板の移動
  起倒動:立位 90°~逆傾斜位約 45°
  速度:90°/11s(最大)
  ローリング動:±30°
  映像系  タテ移動 700mm
     ヨコ移動 200mm
  天板形状・大きさ  凹面形 670×1983mm
■FPD サイズ:30.1×30.1cm
■X線高圧電圧装置 最大出力:32kW

(その他,詳細は弊社営業員へお問い合わせください。)

・自動肩当て装置
・X線管装置
・補助踏み台
・踏み台マット
・撮影用一段式押しボタンスイッチ
・待合室ナンバーディスプレイ機能
・段付き握り
・追加モニタ
・垂直握り台座
・天板マット
・予約リスト
・大容量ファイル転送サービス
・各種ソフトウエア等
(その他,詳細は弊社営業員へお問い合わせください。)

・全国に配置されたサービス拠点やサービスセンターとの連動
・各種の保守メニューを用意し,お客様の要望に対応できる体制でサポート致します。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット
〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー
http://www.hitachi.co.jp/healthcare
グローバルビジネス統括本部


TOP