Discovery MI

GEヘルスケア・ジャパン

PET/CT

半導体PETで真の診断を
Molecular Imagingは新たな時代へ

Discovery MI
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

「Discovery MI」は新しく半導体検出器“LightBurst Digital Detector”を搭載することでTOF時間分解能を飛躍的に向上させ,病変を診る解像度を従来の2倍にまで向上させました。またコンプトン散乱リカバリー技術により感度,NECRを約20%向上させ,従来の検査時間の1/2の時間で,またPET/CTによる被ばく量を1/2に抑えての検査が可能になります。このように,Discovery MIは,“高分解能”と“高感度”を高次元で両立させ,まさに核医学検査の新時代を切り開くのにふさわしい革新的PET/CT装置となっています。さらに “画質”と“定量精度”双方の両立と向上を実現した“Q.Clear“も搭載したことで,がん治療における診断能向上が期待されるだけでなく,治療効果判定に使用するSUVの信頼性・安定性が改善され,より客観的な治療効果の検証や治療戦略の切り替えが可能になります。

メーカーページへ

「LightBurst Digital」検出器(PET)

特長<1>
New「LightBurst Digital」検出器(PET)
  … 高感度と高分解能を高次元で両立

  • 半導体(SiPM)based TOF
    … 400ps以下時間分解能でSN向上
  • コンプトン散乱リカバリーで感度向上
  • Standard15cm/Extended20cm 体軸方向視野

 

特長<2>
Q.SUV … Q.Clearで得られる新基準 SUV

  • “画質”と“定量精度”双方の向上を実現
  • 十分収束するまで繰り返し演算
  • 再現性・安定性のあるSUV

 

特長<3>
研究用途に最適化

  • 新規薬剤研究でBeyond FDG
  • 高感度 & 高SNR & 高分解能
    … ダイナミックスキャンや呼吸同期に最適化
  • Low Dose PET & CT(64/128sl)

 

特長<4>
Q.Suite
定量性(Q:Quantitation)を劣化させる様々な要因を解決・低減する機能をまとめてパッケージ化したもので,その目玉となるのが呼吸同期の収集時間を短縮しながら定量性と画質の向上を実現する「Q.Freeze(キューフリーズ)」。臓器の動きによる影響を低減するため,呼吸にあわせて撮影する呼吸同期収集は,通常の検査に比べて時間がかかり,検査効率の低下を招いていました。新開発のQ.Freezeでは国内で初めて,定量性と画質を高めつつ,呼吸同期収集時間を従来に比べて3分の1程度に短縮することに成功,検査効率の大幅アップを実現します。

Q.Suite

(画像解説)
左)呼吸同期なし:検査時間は10分と短いが,呼吸性の移動の影響で肺がん部位がぼけて描出され,また肝臓上部にもアーチファクトが出ており,PET定量値(SUV)も過小評価(本来あるべき値より低く)されている。
中央)従来までの呼吸同期PET/CT(GEではMotion Match機能):肺がん部位のぼけも肝臓上部のアーチファクトも改善されるが,検査に時間がかかる(24分)。
右)Q.Freeze:呼吸同期なしに近い12分の検査時間で,肺がん部位はボケも肝臓上部アーチファクトもなく描出されており,画像が良好でSUVもあるべき真値に近づいている。

本体 PET体軸方向
視野(cm)
Q.Clear CTスライス Q.Suite   ASiR-V
Discovery MIv 20 標準 64/128Option Option Option
Discovery MIe 15 標準 64/128Option Option Option
64スライスCT装置部
  ・最短0.35秒/回転
  ・陽極蓄熱容量 7MHU
  ・X線発生装置 600mA(120kV)
  ・X検出器 64列×848ch
PET装置部
  ・検出器  半導体「LightBurst Digital」検出器
  ・FOV直径 700mm
  ・スキャン方法 スタティックスキャン,ダイナミックスキャン,
ゲート(4D=呼吸同期)スキャン(4D)*オプション必要
  ・スキャンモード 3D
  ・収集モード フレームモード,リストモード

・CT128slice Option
・ASiR-V
・無停電電源装置
・呼吸監視システム
・心電計
・フラットパネルテーブルトップ
・核医学データ処理装置 GeniE-Xeleris(ジニーエクセラリス)
・診断支援DICOMステーション Advantage Workstation
など

・Q.Clear
・CardIQ Fusion
・PET VCAR
・CortexID
・Q.Suite(Motion Match, Q.Freeze, Q.Static, Q.AC)パッケージ
など

・全国58か所のサービスセンター&ステーション
・各種メンテナンスメニュー
・電話回線利用 リモートサービスInsite

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
GEヘルスケア・ジャパン株式会社
東京都日野市旭が丘4-7-127
TEL 042-585-9380
www.gehealthcare.co.jp
担当部署:MI営業部


TOP