第10回 3D PACS研究会[テーマ:画像支援システムの構築](2017/12/23・大阪)

2017-11-9


日時:2017年12月23日(土) 9:30〜16:00(開場・受付開始 9:00)

会場:エーザイ(株)大阪コミュニケーションオフィス
   〒531-6023 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト33F

参加費:1,000円(学生:500円)

主催:3D PACS研究会

代表世話人:立石 敏樹(国立山形病院)

当番世話人:牛尾 哲敏(滋賀医科大学)

申込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/a698cc92469574

●プログラム

9時30分〜9時50分 セッションⅠ
モーニングセミナー 大腸CTにおける画像支援(共催:エーザイ/積水メディカル)
「大腸CT検査の現状について」
積水メディカル株式会社 大貫 俊介

9時50分 開会挨拶
当番世話人 滋賀医科大学医学部附属病院 牛尾 哲敏

10時00分~10時20分 セッションⅡ
「画像等手術支援制度の概要と今後」
埼玉県済生会川口総合病院 富田 博信

10時20分~12時20分 セッションⅢ
シンポジウム テーマ「画像支援トラブル対応策と最新情報」    
座長 熊本大学医学部附属病院 池田 龍二
   新潟大学医歯学総合病院 金沢 勉

1)「ITシステムの障害対策の基本」
  熊本大学医学部附属病院 池田 龍二

2)「ネットワーク型3Dシステムのよくあるトラブルの切り分けと対処方法」
  テラリコン 谷澤 仁志

3)「PDI取り込みトラブルとその対応・回避策」
  リマージュジャパン 山﨑 和人

4)「モニター表示トラブルと予防策」
  EIZO 吉田 雄生

5)「無線環境下におけるFPDの位置づけと取り組み」
  キヤノンライフケアソリューションズ 安田 学

6)「常時監視により安心して利用できる動画ネットワークシステム」
  フォトロンM&Eソリューションズ 濱野 克己

12時20分〜12時40分
休憩 展示閲覧等

12時40分〜13時10分 セッションⅣ
ランチョンセミナー
心電図の基礎 フクダ電子 

13時10分〜13時20分
休憩 展示閲覧等

13時20分〜13時55分 セッションⅤ
最新技術提供 座長 北里大学北里研究所病院 小林 隆幸

1)「最新サーバ/クライアント型画像解析システム -VitreaAdvanced-」
  東芝メディカルシステムズ

2)「QFR -3D QCAを利用した冠動脈病変の機能的評価-」
  グッドマン

13時55分~14時35分 セッションⅥ
教育講演 座長 国立病院機構山形病院 立石 敏樹
「イメージングイノベーション〜コアラボに求められるもの〜」
Cardiovascular Reserch Foundation 松村 光章

14時45分~15時45分 セッションⅦ
特別講演 座長 滋賀医科大学医学部附属病院 牛尾 哲敏
「Hybrid Emergency Room 6年間の取り組み」
関西医科大学総合医療センター 救急医学科 教授 中森 靖 先生

15時45分 閉会
閉会の辞
北里大学北里研究所病院 小林 隆幸(次回当番世話人)

展示閲覧等 
〜16時00分

※本セミナーでは日本X線CT専門技師 6単位・肺がんCT検診認定技師 5単位・日本救急撮影認定技師 2単位・医療情報技師 1単位・医用画像情報専門技師 1単位の更新単位を取得可能です。

第10回 3D PACS研究会[テーマ:画像支援システムの構築]

 

●問い合わせ先
済生会川口総合病院 志藤 正和
E-Mail:m-shitou@saiseikai.gr.jp
http://3dpacs.kenkyuukai.jp/event/event_detail.asp?id=27912
https://ja-jp.facebook.com/3dpacs/


学会ナビ(医療分野の学会カレンダー)&イベント
TOP