ワークフローを変革し、介護業務効率化を実現するコニカミノルタの「ケアサポートソリューション®」(コニカミノルタジャパン)
ケアサポートソリューションは、介護現場の業務フローを変革し、施設全体の業務効率化とケア品質の向上を実現します。

2018-10-9

コニカミノルタジャパン

見守り(センサー)


ここがポイント!

・介護業務の労働生産性向上
・収益アップ/入居率アップ/介護品質の向上
・スタッフの働きやすさ向上(離職の抑制)

専用ポータルサイトを開設

専用ポータルサイトを開設

 

ケアサポートソリューションは、センサーとスマートフォンを軸としたワークフロー変革で介護業務全体の効率化を実現するソリューションです。
従来のナースコールやマットセンサー、介護記録システムでは実現できなかった介護業務全体の効率化を実現いたします。
コニカミノルタは創業以来培ってきた光学技術、センサー技術、画像処理技術を独自のICTで融合し、介護業務全体の効率化を実現するケアサポートソリューションを生み出しました。
介護施設入居者様の居室天井に設置したセンサーにより、起床、離床、転倒・転落を認識した時には、介護スタッフ様用のスマートフォンに映像とともに通知を行います。また、胸の動き検知による安否確認機能により、入居者様の反応が一定時間ない場合も通知を行います。
従来の「とにかく駆けつけてみないとわからない」から、入居者様の「状況を見て行動を判断する」ことで業務負荷の軽減を実現します。
さらに、「介護記録」はいつでもどこからでも介護スタッフ様用のスマートフォンから入力できます。
サーバーに蓄積されたデータはスマートフォンで確認することができます。
以下、ケアサポートソリューションの概要を紹介します。

状況を「見て駆けつけ」

起床、離床、転倒・転落、ケアコールの通知時に入居者様の様子を映像で確認できるため、状況を把握してから駆けつけることができます。
*ご入居者様のプライバシー保護
起床、離床、転倒・転落、ケアコールの通知時がない限り、スマートフォンから入居者様の様子を確認することはできません。

胸の動きの検知による「安否確認」

胸の動きの検知により安否確認ができるため、夜間の巡回業務負荷を軽減できます。

転倒・転落時の「エビデンス」

転倒・転落の発生時、事故前後の状況が動画で記録できるため、早期の適切な処置や原因究明を行うことができます。
*ご入居者様のプライバシー保護
転倒・転落時以外、映像は記録されません。

その場で「ケア記録作成」

介護スタッフ様はスマートフォンを使い、その場でケア記録情報の入力ができるため、即時に入居者様のケア記録作成が可能となります。また、バイタル情報の記録は、Bluetooth接続可能な機器を活用することで記入ミスや転記ミスを防止でき、記録作成の時間を削減することができます。

即時・確実な「情報共有」

スマートフォンに搭載する「情報共有アプリケーション」により、リアルタイムに入居者様情報の配信・共有ができるため、即時に情報を確認することが可能であり、またいつでも閲覧することができます。

入居者様の自立を促す「お声がけ」

起床、離床の通知時に、介護スタッフのスマートフォンへ映像が通知され、入居者様の状況を見ながらお声がけができます。事実に即して入居者様の自立行動を促し、要介護度の悪化を防ぎます。

ケアサポートソリューションは介護施設に応じた業務効率化実現のために最適なトータルシステムとして案件ごとにご提案・ご提示させていただきます。

ケアサポートソリューションの提供サービス

ケアサポートソリューションの提供サービス

 

●問い合わせ先
コニカミノルタジャパン株式会社
ヘルスケアカンパニー
〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング(総合受付26階)
TEL●03-6324-1080
FAX●03-3454-3216
E-mail●mhj-hc-css@gcp.konicaminolta.com
URL●ケアサポートソリューション ポータルサイト:
https://www.konicaminolta.jp/business/solution/innovation/expertise/care_support/index.html

コニカミノルタジャパン

見守り(センサー)


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
ケアビジョン製品アルバム(介護・訪問看護・在宅医療のICT・ロボット展示場)
    TOP