安診ネット カイゴ(芙蓉開発)
AIがバイタルを解析し、異常値を早期発見 ―介護の人材難をAIが解決―

2018-10-9

芙蓉開発

介護システム


安診ネット カイゴは「現場から生まれた、真に人材難を解決するシステム」。
介護施設での人材難は「人手不足」と「スキル不足」の2つの側面があります。安診ネットがこれらの課題に対し、AIを用いて「個人の能力差に依存しない科学的な健康管理」と「省力化」で解決します。
自動入力されたバイタルからAIが異常値などを検知し、それをスコアリング。スコアを参考に観察密度を変えられるので、効率化しながら医療レベルの向上が望めます。熱型表・各記録物作成も自動で行われ、記録業務を省力化。介護現場の人手不足の問題もらくらく解決。
システムを通した施設内・医療機関との情報共有、介護ソフトとしての機能も充実させ、快適な介護施設運営をサポートいたします。

介護の人材難をAIが解決

介護の人材難をAIが解決

 

●価格
芙蓉開発株式会社までお問い合わせください。

●問い合わせ先
芙蓉開発株式会社 営業企画部
〒812-0015
福岡県福岡市博多区山王1丁目10-29
TEL●092-292-9070
E-mail●kaihatsu@fuyo-group.com
URL●http://www.anshinnet.net/

Webサイトへ

Webサイトへ

YouTube動画へ

YouTube動画へ

芙蓉開発

介護システム


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
ケアビジョン製品アルバム(介護・訪問看護・在宅医療のICT・ロボット展示場)
    TOP