訪問看護支援システム『iBow(アイボウ)』(eWeLL(イーウェル))
訪問看護師が選ぶ「本当に使える!」電子カルテ。

2018-10-9

eWeLL(イーウェル)

在宅医療・訪問看護システム


ここがポイント!

・誰でも簡単に使える操作性
・現場の要望を反映して毎月機能改善
・訪問看護のことなら何でも聞けるカスタマーサポート

タブレットで記録から情報共有、帳票作成まですべての業務が完結

タブレットで記録から情報共有、帳票作成まですべての業務が完結

 

現場での使いやすさを徹底追求した電子カルテ『iBow』

訪問看護支援システム『iBow』は、「現場で本当に使えるシステム」をコンセプトに開発された訪問看護専門の電子カルテです。訪問看護現場の声を吸い上げて、毎月機能追加や改善を行っています。2014年の発売開始以来、画面デザインや操作方法など「現場看護師にとっての使いやすさ、わかりやすさ」をご評価いただき、全国550以上の事業所様(2018年8月時点)でご導入いただいています。

決め手は記録のしやすさと充実のカスタマーサポート

特にご好評いただいているのは、訪問先での記録画面の使い勝手です。前回までの記録や関連情報を、訪問中でも簡単に参照できるショートカットボタンを設置するなど、現場の意見を反映した機能改善を随時行っています。また、手厚いカスタマーサポートも『iBow』が選ばれる大きな理由の1つ。システムの使い方はもちろん、システム会社では通常回答しないような請求業務や複雑な訪問看護の制度、法改定のことまで、何でも問い合わせることができますので、立ち上げたばかりのステーション様も安心です。

業務効率とケアの質を向上
職員と利用者の満足度UP

『iBow』はできるだけ時間をかけず、簡単に訪問中の看護メモが取れるような操作性の実現を常に心がけています。観察項目や選択肢を、事業所ごとに使いやすい表現で設定できるカスタマイズ機能もあります。記録に時間をとられず本来の看護業務に集中できるため、利用者の満足度向上にも貢献します。関連帳票の作成も、日々の訪問記録が自動反映されるので簡単です。全50種類以上の豊富な帳票が用意されており、手書きでの転記作業が不要となります。特に情報提供書や各種報告書が充実しており、コ・メディカルにスピーディに情報提供できる点を高くご評価いただいています。また、タブレットで記録から情報共有、帳票作成まですべての業務が完了する点も魅力です。外出先でも制限なくすべての機能が使えるので柔軟な働き方を実現できます。オンコール時は、事業所に立ち寄らなくてもタブレット1つで利用者様の関連情報を確認できるので、すぐに利用者様のもとへ駆けつけることができます。

大切な利用者情報を守るため、セキュリティを重視

『iBow』は厚生労働省、経済産業省、総務省のガイドラインを順守し、病院の電子カルテ同様に厳しい基準をクリアしています。また、セキュリティに関する国際基準であるISO/IEC27001も保有しています。システム上の特徴は、契約法人ごとに専用のサーバー領域を確保していることです。複数事業所のサーバーを1つにまとめてコストダウンすることもできますが、セキュリティの観点から、eWeLLではそのような方法を取っていません。専用サーバー領域を設けることで、アクセスが集中しやすいレセプト期間などに動作が遅くなる、サーバーがダウンする、といったトラブルを回避。ユーザーがいつでもストレスなく使用できる環境を実現しました。

前10回分もしくは1か月間のバイタル・観察項目の経過を一覧表示できる「温度板」はお客様のご要望を実現した機能

前10回分もしくは1か月間のバイタル・観察項目の経過を一覧表示できる「温度板」は
お客様のご要望を実現した機能

 

現場で「使える」「あると助かる」機能が随所にちりばめられた訪問時の記録画面

現場で「使える」「あると助かる」機能が随所にちりばめられた訪問時の記録画面

 

●価格
システム導入初期費用:0円
月額基本料:1万8000円/1事業所
月額利用料:事業所様の規模により変動、応相談

●問い合わせ先
株式会社eWeLL
マーケティング部
〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3-3-3 サンビル9階
TEL●0120-49-0333
E-mail●ibowinfo@ewell.co.jp
URL●https://ewellibow.jp/index.html

eWeLL(イーウェル)

在宅医療・訪問看護システム


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
ケアビジョン製品アルバム(介護・訪問看護・在宅医療のICT・ロボット展示場)
    TOP