技術解説(東芝メディカルシステムズ)

2016年8月号

Women's Imaging 2016 最新技術[Breast Imaging]

「高画質」「簡単操作」を実現する乳房MRIアプローチ技術

近年,乳房MRIは広がり診断や多発乳がんの検索に加え,遺伝性乳がんやシリコンインプラントのスクリーニング検査としての役割が増しています。また,2016(平成28)年度診療報酬に新たに乳房MRI撮像加算が新設され,注目を集めています。本稿では,乳房MRIに対して,より高画質に,より簡単操作を実現すべく当社のアプローチ技術を紹介します。

●「高画質」を実現するために

専用コイル「ブレストSPEEDER」は,コイル位置が固定された従来のコイルと異なり,コイルそのものを上下左右の自由な位置に可動します。この機能により,患者さんの乳房の形状や大きさに応じてコイルを密着させることが可能となり,SNRが従来に比べて大幅に向上します。本コイルはMRIガイド下生検にも適応しており,コイルの可動はアプローチが難しかった大胸筋に近い病変に対しても有用です。
また,安定した脂肪抑制効果を得るべく,独自の脂肪抑制法“Enhanced Fat Free”法を搭載しました。本手法は2発の脂肪抑制パルスを組み合わせることで,消え残った脂肪を確実に抑制することができます。乳頭直下など脂肪が残りやすい部位においても,確実な脂肪抑制効果を提供します。

●「簡単操作」を実現するために

ブレスト・インプラント検査用アプリケーション“PASTA-Si”は,シリコンと脂肪を選択励起して,シリコンを高信号に描出することが可能です。インプラントの内容成分がシリコンであるのか生理食塩水であるのかの識別,さらにはシリコンの漏れの有無を正確に確認することができます(図1)。従来は,手動で中心周波数をシリコンに合わせて高信号化していました。PASTA-Siは,装置が自動でシリコンに周波数を合わせるため,どなたでも簡単にインプラントの検査を行うことが可能です。

図1 シリコンインプラント画像

図1 シリコンインプラント画像

 

●ブレストソリューション

当社は,MRI装置のほか,マンモ装置の“エコースキャンガイド”機能,検診対応の高品質マンモビューア“Rapideye Saqura”,超音波の“SMI”技術などの先進技術で,今日の「いのち」を支え,未来の「いのち」を守るソリューションを提供します。

 

【問い合わせ先】
MRI営業部
TEL 03-6369-9644
URL http://www.toshiba-medical.co.jp

TOP