技術解説(フィリップスエレクトロニクスジャパン)

2016年8月号

Women's Imaging 2016 最新技術[Breast Imaging]

「EPIQ」─“nSIGHT”イメージングで超音波画像診断は次の世代へ

フィリップス社製超音波診断装置「EPIQ」(図1)には,画質を圧倒的に向上させる革新的なビームフォーミング技術“nSIGHT”が搭載されています。この技術は,乳腺画像診断において数多くの恩恵をもたらします。

図1 EPIQ外観

図1 EPIQ外観

 

●広範囲なフォーカスゾーン

nSIGHTは,リアルタイムに膨大な量の超音波データを処理します。これにより,あらゆる深度でダイナミックに送信および受信のフォーカシングが可能になります。(図2)。乳腺画像診断においては皮膚面から大胸筋まで視野全体にわたり,高い分解能と優れた組織均一性を実現します。

図2 超音波ビームの概念図

図2 超音波ビームの概念図
a:従来法。焦点領域以外はビームが広がり(砂時計型),分解能が低下します。
b:nSIGHT。浅部から深部まで細く均一なビーム(ペンシル型)。すべての深度で高分解能を実現します。

 

●豊かな諧調性と優れた透過性

nSIGHTは,ウルトラワイド・ダイナミックレンジと独自のビーム再構成により,深部までノイズの少ない高精細な組織性状を提供します。例えば,乳腺腫瘤の内部構造が豊かな諧調で表現でき,より精細な観察が可能になります。また,高い分解能を持つ18MHzの高周波プローブでも,優れた透過性で深部まで観察でき,ルーチン検査にご活用いただけます。

●高いリアルタイム性と高画質の両立

乳腺画像診断では,乳腺組織の連続性や病変と周囲の構造などを動画で観察する必要があり,画像のリアルタイム性も求められます。nSIGHTは,少ない送信回数でほぼ完全なビーム再構成が可能であり,空間分解能,時間分解能,組織均一性のどれ一つ妥協することなく,同時にその性能を向上させることができます。つまり,これまでをはるかに凌駕する画質を,高いフレームレートで実現することが可能になりました。

* * *

EPIQは乳腺をより高画質で観察するために,nSIGHTのほかにも,“SonoCT(空間コンパウンド)”“TAC(音速補正)”“XRES(アダプティブフィルタ)”“周波数コンパウンド(広帯域送受信)”“Nanometer tissue strain tracking(エラストグラフィ)”“Micro CPA(高分解能パワードプラ)”など,さまざまな技術を集結させ,乳腺画像診断において,より高い診断能力を発揮します。

 

【問い合わせ先】
お客様窓口
TEL 0120-556-494
URL http://www.philips.co.jp/healthcare

TOP